山健 組 脱退 組織。 六代目山口組を離脱した三次団体

組織 脱退 山健 組

土屋清嗣(二代目兼生会会長)• 将来を有望視されていただけに残念で惜しまれる声も少なく無い。 拘留中の為、弁護士を通じて中田組長は神戸山口組井上邦雄組長に対し 【 山健組の組員から徴収する会費(上納金)が現状の山健組はやっていけない。

3
組織 脱退 山健 組

しかし、そこには若頭補佐を務める六代目健竜会・西川良男会長の姿がなかったのである。 神戸の直系組長よりも、山健組の直系組長の方が、毎月高い会費等を払っていたことが分かります。 山一抗争ですら、4年でだいたいの目処が立ちました。

組織 脱退 山健 組

また、関係者情報筋では絆會(織田絆誠組長)が水面下で離脱組織と何らかの動きをしているという。

7
組織 脱退 山健 組

著書に『生野が生んだスーパースター 文政』『2年目の再分裂 「任侠団体山口組」の野望』(共にサイゾー)など。

組織 脱退 山健 組

若中-西山 一男• 〈今般 元神戸山口組々員 中田浩司(中略)右の者 当組の規約に反する行為此れ有り 令和二年九月十日付けをもちまして「除籍」致しました〉 9月中旬、上記の一文が書かれた「除籍御通知」と題した書状が暴力団業界に出回った。

組織 脱退 山健 組

與若頭が引き揚げて以降も、複数の直参がとどまったままで、完全に解散したのはさらに数時間後のことだったという。 会長 - 西川 良男• 同時に、金庫番といわれた池田組(本拠地・岡山)の離脱。 1964年3月3日生の剣政和会長は若干29歳の若さで五代目山口組直系入りを果たし43歳にして執行部入りを果たす。

組織 脱退 山健 組

神戸山口組の最高幹部らも事態の収拾に乗り出した。 山健組の事情に詳しい指定暴力団幹部は、次のように指摘する。 こうした状況に対して、警察当局の幹部は次のように語る。

14
組織 脱退 山健 組

だが、長年、山口組に携わってきたある人物は、その状況を当時から以下のように評していた。

8
組織 脱退 山健 組

その山健組内で、今年7月ごろから神戸山口組から独立を目指すグループと、残留を主張するグループで断続的に話し合いが持たれてきた。 歴代 [ ]• 初代:渡辺芳則(五代目山口組組長/四代目山口組若頭/山健組若頭)2012年12月1日死去• それを、後から出てきた組織がメディアを使うなどして自分たちの存在をアピールし、その影響力を定着させようとしても、どだい無理な話ではないでしょうか。 舎弟 - 金本 将典• 二代目山健組若頭に就任した。

7