アストレイ ゴールド フレーム アマテラス。 ガンダムアストレイ

フレーム アストレイ アマテラス ゴールド

タイガーピアス 蘊・奥のより回収した、ガーベラ・ストレートと揃い踏み実体剣。 『機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYSスペシャルエディション』メディアワークス、2009年2月発売、72-74頁。

6
フレーム アストレイ アマテラス ゴールド

・保護者 ファミリーの管理者 が設定する「ニンテンドーeショップの閲覧制限」の制限対象である場合。 また、コマンダーモード(通常形態)からグラディエーターモード(格闘形態)への変形機能も追加されており、頭部が180度回転し後頭部の第2の顔が出現、全身のブレードが展開される。

18
フレーム アストレイ アマテラス ゴールド

スーパーキャビテーティング魚雷発射専用銃 スケイル・システムのメインウェポンで、を6発備える。

9
フレーム アストレイ アマテラス ゴールド

初出時から設定画はなく模型作例もなされなかったが、ときた洸一『SEED ASTRAY』第1巻、78-79頁では、4枚の空力制御翼がついたミサイルとして描かれていた。 ロウはジャンク屋としての勘で弱点を見抜き、自称「赤い一撃(レッド・フレイム) 」での内部機能を破壊、行動不能にして連合の勢力圏内へ吹き飛ばした(同質の技としてバリー・ホーの使う「拳神」がある)。 機体全体の見直しと武装の改良により、さらに高い汎用性を得ている。

10
フレーム アストレイ アマテラス ゴールド

主にテラ・スオーノに接近する敵の排除を目的としており、性能もコスト度外視で機動性を追求した設計となっている。 このデザインは『電撃ホビーマガジン』誌上にて発表された「ASTRAYS アジア圏模型コンテスト韓国大会」の1位作品が基になっている。

10
フレーム アストレイ アマテラス ゴールド

熱を遮断する融除材ジェルの供給システムも内蔵しており、単独での大気圏突入も可能。

12
フレーム アストレイ アマテラス ゴールド

それ以外の部分は特に変更されていない。

フレーム アストレイ アマテラス ゴールド

単に「目立ちたかったから」という理由でとに奇襲を仕掛けるが、偽装が剥がれると急いで退散した。 刀身の強度こそソードピストルにおよばないが、機体からの量子通信で遠隔操作されるドラグーン・システムの機能が付加されている。 機体構造 [ ] フレーム 基本フレームはG兵器のものを踏襲しつつ改良を加え 、本体の軽量さとあいまって、極めて高い運動性能を発揮する。

1
フレーム アストレイ アマテラス ゴールド

Bソード(ブレスレットソード) 両腕に装備された長身の実体剣。