リベルサス 添付 文書。 【2型糖尿病】 リベルサス:世界初の経口GLP

添付 文書 リベルサス

1.4. 尿路閉塞のある患者又はこれを起こしやすい患者:排尿筋を収縮させ症状を誘発又は悪化させるおそれがある〔7. ・易怒性が少なく、消化器症状も少ない。 (慎重投与) 1.てんかん等の痙攣性疾患のある患者又はこれらの既往歴のある患者[痙攣を起こすことがある]。

18
添付 文書 リベルサス

インスリン分泌促進(血糖依存的)• 6. 他のコリンエステラーゼ阻害作用を有する同効薬<アルツハイマー型認知症>(ドネペジル等)と併用しないこと。 3) 「依存的」というのは、つまり血糖値が高いときだけインスリンを分泌させるってことです。

添付 文書 リベルサス

違いは 投与経路です。

20
添付 文書 リベルサス

本剤の過量投与が明白又は疑われた場合の処置としてフルマゼニル ベンゾジアゼピン受容体拮抗剤 を投与しない[本剤を投与されているてんかん患者にフルマゼニルを投与し、てんかん発作 痙攣 を誘発したとの報告がある]。 ・MCIの人にリバスタッチを使ったら、劇的に効いてパラメディックの人たちが驚いていました。

添付 文書 リベルサス

経口投与後にセマグルチドは主に胃で吸収される。

5
添付 文書 リベルサス

この働きによって、血中のブドウ糖を下げる( 血糖値の降下)作用を発揮します。

20
添付 文書 リベルサス

1日のうちの最初の食事又は飲水の前に服用すること。

15