厚 揚げ 豆腐 レシピ。 驚くほど自由な豆腐のアレンジレシピ! 「厚揚げ・絹・木綿」で食卓のレパートリーが広がる

レシピ 厚 揚げ 豆腐

15〜20分後、塩水を捨て、豆腐を清潔なタオルの上に並べて軽くたたいて水気を切るか、必要になるまでザルに入れておきます。

17
レシピ 厚 揚げ 豆腐

Newton 鶏の胸肉と豆腐の厚揚げは一見全く似ていませんがが、 激辛ソースのおかげで鶏肉の代わりに厚揚げを使ってもうまく行きます。 熱いフライパンでカリカリに焼いて風味の強いソースをかけるのが、一番よくある食べ方です。

19
レシピ 厚 揚げ 豆腐

確かに、豆腐は必要なら肉の代用品にもなれますが、実は、 豆腐に最も近い動物性タンパク質の類似体は卵です。

15
レシピ 厚 揚げ 豆腐

私は大の野菜好きなので、試しに、伝統的なレシピで使うひき肉の代わりに、ナス、キノコ、ニンジンをみじん切りにして入れてみたこともあります。 ただし、レシピより豆腐を料理するときのテクニックを紹介することが主旨です (場合によっては、読者の皆さんがすぐに実践できるように、私が使ったレシピに紐づけて、どのように豆腐料理に応用したかも説明します)。 それは、この画像を見ればわかりますよね。

レシピ 厚 揚げ 豆腐

Newton 次は、最も物議を醸し、誤解されている豆腐、つまり絹ごし豆腐の話に移ります。 四川料理のアイコンとも言えるこの豆腐料理は、コク、肉の味わい、スパイシー、ファンキー、酸味、辛味のすべてが一度に味わえて、口当たりの良い花椒オイルで滑らかな仕上がりになっています。

4
レシピ 厚 揚げ 豆腐

Newton 味付けしていない押し豆腐はビーガン向けの「パニール(沸騰した牛乳にクエン酸を加え、水分を取り除いて作るインドのチーズ)」を作るのに最適です。

14
レシピ 厚 揚げ 豆腐

Newton• Photo: A. ソースにどっぷり浸っていても、厚揚げの軽くてふわふわの食感はそのままなので、薄切りの餅やとろけたモッツァレラの歯ごたえのある食感とは全く対照的です。

9
レシピ 厚 揚げ 豆腐

。 押し豆腐はそのまま食べられるところが魅力 Photo: A. 塩水とこげつかないフライパンがあれば、せいぜい20-30分でフライパンで炒めて豆腐のそぼろを作れます。