隈 研吾 建築。 建築家・隈研吾が教える、世界的に活躍するための秘訣【退職記念インタビュー後編】

建築 隈 研吾

「窓の家」の開発は、その原型を遡る旅からスタートしました。

16
建築 隈 研吾

その断片の集積状態を、意図的に加速、強調してひとつの建築の中に実現した。 「それもコンペの紆余曲折を経て…。

18
建築 隈 研吾

「木造建築は現在、世界の建築シーンで大きなトレンドになっています。

1
建築 隈 研吾

集落の美と力にめざめる。 隈研吾がこだわる「日本のアイデンティティ」 和を取り入れながらも近代的で個性豊かなデザインが美しい、隈研吾の建築。 イギリス人の心の故郷として愛され続けるコッツウォルズ地方です。

8
建築 隈 研吾

全体を組んだ後、ジョイントをダボで縫うことにより、木組みをより硬いものとした。 太宰府という歴史ある土地と、現代的な木造技術の遭遇が、他のスターバックスとは異なるユニークな空間を生み出した。 見てさわって、アートを体感! 天門橋から徒歩4分ほど。

20
建築 隈 研吾

サニーヒルズジャパン 日本の木造建築に伝わる「地獄組み」という名のジョイントシステムを用いて、森のような、雲のようなやわらかであたたかくヒューマンな空間を創造した。 室内窓は部屋と部屋、部屋と吹き抜けをつないで光と風を通し、家族の気配も伝わります。

7
建築 隈 研吾

元スーパーモデルといった経歴を持つ外国人なども採用することでクリエイティビティを高めたり、文化の違いから得られるアイデアを期待しているのです。

3
建築 隈 研吾

そして「そういったことを日本人自身が気づいていない、自信も持っていないことが一番問題」と強い感情を交えながら述べる隈氏は、日本人が「失われつつある」と勘違いしている日本のアイデンティティに勿体なさすら感じているように思えた。

14