広岡 達朗 コラム。 廣岡達朗コラム「原監督は負けて何に気づいたか」

コラム 広岡 達朗

私だったら絶対に許さない。 ユニフォームは野球人にとって礼服である。

8
コラム 広岡 達朗

広岡氏は頭が固い、という事が強調されてはいますが、初めから先入観を持って判断しない、という姿勢がこの言葉からは伺えると思います。 計量の前日となれば、飲まず食わずは当たり前。 西武からドラフト1位指名を受け、茨城の水戸商高から高校通算52本塁打の当時の記録を引っ提げてのプロ入り。

コラム 広岡 達朗

練習がキツくて自然に涙がポロポロ流れ落ちるグラウンドだけでなく、恐怖は茶碗に玄米が盛られる食卓にも…。

コラム 広岡 達朗

育て方が良ければ、坂本勇人選手のように活躍するけど、間違ってしまうと大田泰示選手なケースにもなるので、これは仕方がないこと。

15
コラム 広岡 達朗

栄冠を勝ち取った監督が1年もたたないうちに事実上解任されるいう前代未聞の騒動となった。 練習初日から「とんでもない所に来てしまった…」というのが実感でした。 セ・リーグの灯は消えたのも同然だ。

5
コラム 広岡 達朗

「ミスタープロ野球」こと長嶋茂雄氏も、2月で84歳になった。 きっかけはV9の始まる前年、1964年8月6日の国鉄戦だった。

コラム 広岡 達朗

ミーティングにも長時間かけた。