君 と 僕 の 最後 の 戦場。 「キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦」TVアニメ化決定!

の 戦場 の 最後 君 と 僕

帝国による皇庁襲撃前には、ルゥ家の失墜を企むヒュドラ家と手を組み、かつ帝国の内通者としてアリスやシスベルを皇庁から遠ざけるなど、皇庁襲撃の前準備を行い成功させる。 通称:アリス。 当然表向きは既に故人とされているが、実際はその強大な星霊の力で時間の流れさえ遮断し上記の少女の姿のままネビュリス王宮の地下で眠り続けていたが、アリスの星霊とイスカの星剣に共鳴する形で覚醒する。

の 戦場 の 最後 君 と 僕

キャラクターデザイン・総作画監督 - 佐藤香織• 更には上述の1000発の弾丸とは別に真の弾丸が存在するらしいが、詳細は現時点では不明。 赤銅色に日焼けした肌と真珠色の髪が印象的な少女で十二、十三の少女。 星霊 星の地下深くに眠っていた未解析エネルギー。

15
の 戦場 の 最後 君 と 僕

小柄ながら二の腕は鋼のように引き締まり、自分よりも大柄で体重百キロ近い帝国兵を軽々と放り投げられる膂力、超人的な五感と動体視力を持ち、不可視のネームレスの気配を感知した挙句に、上空から放たれたキッシングの棘を視認できるほど。

10
の 戦場 の 最後 君 と 僕

出世のために幹部に賄賂で取り入ったり、ミスミスを蹴落とそうと躍起になっているが、空回りな結果に終わっている。

12
の 戦場 の 最後 君 と 僕

ヴィソワーズと同じく星炎を操り、突起物からは星霊エネルギーを放出し、空間転移とも異なる転移現象『光転移《リープ》』能力を持つ。

5
の 戦場 の 最後 君 と 僕

略称は『 キミ戦』。 この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 2話 『邂逅 -僕とわたしが出会った敵は-』 イスカは交戦したアリスの事が頭から離れず、寝付けません。

18
の 戦場 の 最後 君 と 僕

そこでヒュドラの王女ミゼルヒビィと交戦。

の 戦場 の 最後 君 と 僕

主人公は イスカで、史上最年少で帝国内で最高の戦力として認められている人物で、その帝国と相まみえるのは皇庁で。

の 戦場 の 最後 君 と 僕

関連記事 親記事. さらには称号剥奪の切っ掛けとなった脱走させた魔女が彼女の妹であるシスベルだったことから彼女からも好意と期待を寄せられ姉と同じく第907部隊ごと部下としてスカウトされるが、己の志のために当然拒否するも成り行きでまたも彼女を救い、その好意を意図せず深めさせてしまう結果となった上にミスミスの星紋の件を取引材料に部隊ごと一時的な護衛を務めることとなってしまう。 監督 - 湊未來 、• 「魔女の国」と畏怖されるネビュリス皇庁の第2王女であり、「氷禍の魔女」と称され皇庁最強と謳われる アリスリーゼ。 アリスとは戦場で出会う前に一度、出会っており、その時の経験で星霊使いは帝国で教えられるものとは違うものだと考えるに至っている。