ライリー ノース。 映画『ライリー・ノース 復讐の女神』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

ノース ライリー

いや、そもそもそんなに重要なキーワードでもないので、あまりペパーミントを気にしないでください(じゃあなぜ紹介したんだ)。 大量の銃器をショッピングしてからの(さすがアメリカ、銃が気楽に買える国)、手の込んだ 裁判官爆破トラップも、まあ、不必要なほど用意周到ですし。

ノース ライリー

それが本作 『ライリー・ノース 復讐の女神』。

ノース ライリー

深い絶望感を抱いた彼女は、どこへともなく姿を消す。

13
ノース ライリー

なぜ題名にペパーミントの名を冠しているのか、それは映画を観ればわかる…と言いたいところですが、かなりさりげないのでわからないかも…。 女は男を発砲して殺し、スタスタと手際よく死体を処理。

19
ノース ライリー

ただしジェニファー・ガーナーは、アメコミ映画「エレクトラ」で女暗殺者を演じたし、アクションに無縁だったわけではない。 それはカルテル側の麻薬が運搬中に盗まれていたことからでした。

2
ノース ライリー

インマンとの会議中に連絡が入ったカーマイケルは、5年前審問に出廷した担当検事2名が前夜に死亡し、たった今裁判官の家が爆破されたと報告します。

ノース ライリー

きっと苦しい瞬間もあるはず。 頭に血が上ったガルシアはライリーを叩きのめします。

12
ノース ライリー

しかーし! その理屈を、瞬時に行動に移せるかは訓練が必要。

19