航空 自衛隊 文書 管理 規則。 昭和の航空自衛隊の思い出(43) 文書と郵政担当の実務

自衛隊 規則 航空 文書 管理

二、航空器於壓力高度一萬三千呎以上飛航時,應攜帶足供飛航全程全體 組員及乘客使用之氧氣量。 1 方針 2 実施項目、実施要領、実施時期及び実施目標 3 評価及び是正に伴う反映事項 4 その他の必要事項 (統計的手法の活用) 第13条 部隊等の長は、品質管理の実施にあたつては、度数分布、管理図、抜取検査 等の統計的手法を活用するものとする。

6
自衛隊 規則 航空 文書 管理

飛機駕駛員之派遣應符合下列規定: 一、在於完成首次機型檢定之一百二十日內,駕駛員應於其將要擔任飛航 之機型上累計至少五十小時或二十次降落之航路操作經驗。 第5章 品質管理に関する調査 (品質管理に関する調査の目的) 第21条 品質管理に関する調査は、部隊等における品質管理に関する状況を調査し、 もって当該部隊等における品質管理の改善向上を図ることを目的とする。

自衛隊 規則 航空 文書 管理

附 則 (昭和三二年三月一五日総理府令第一〇号) この府令は、公布の日から施行する。 附 則 (昭和三二年七月三一日総理府令第四八号) この府令は、昭和三十二年八月一日から施行する。 第17警戒隊-• 三、座椅安全帶繫緊及鬆開之說明。

16
自衛隊 規則 航空 文書 管理

中華民國一百年十二月三十一日以後首次適航之航空器,其裝置於廁所之 固定式滅火器應禁止使用海龍藥劑。

17
自衛隊 規則 航空 文書 管理

三、三級性能直昇機於動力機件正常運作之情況下,應能以安全高度超越 進場航路上所有障礙後,降落於降落區內,或以第八十七條第三款規 定之安全高度超越航路上之所有障礙後,中止降落執行重飛。 正駕駛員使用飛行模擬機執行前項規定訓練者,應符合下列規定: 一、已於該機型累積一百小時以上之飛航時間。

自衛隊 規則 航空 文書 管理

航空器使用人應於預定高齡飛機檢查及紀錄審查六十日前通知民航局;無 法於第一項規定之後續檢查及紀錄審查週期內完成者,得向民航局申請延 展,延展期間不得超過九十日。 2 航空幕僚長は、前項により指示するもののほか、航空機の操縦に関するTOの年度に おける発行及び改正の計画を、前年度の第3四半期末までに補給本部長に通知する。

自衛隊 規則 航空 文書 管理

1 装備品等の各管理段階を通じ、一貫して積極的に行うこと。

自衛隊 規則 航空 文書 管理

四十三、儀器進場及降落作業:使用儀器進場程序實施之進場及降落,包 括下列三種: (一)精確進場及降落作業:指使用精確之橫向及垂直導航引導,並 配合不同作業類別之最低操作限制所實施之儀器進場及降落。

5
自衛隊 規則 航空 文書 管理

依本條所裝置之空中防撞系統,應符合國際民用航空公約第十號附約第四 卷之規定。 第24高射隊-長沼分屯基地• 第16高射隊-• 五十二、夜間:指自終昏至始曉之時間。 第19高射隊-• 後年、幹部となって各部隊・各級司令部勤務を通じて自分自身が育てられ鍛えられた。