涅槃 意味。 仏教って何だろう?:涅槃

意味 涅槃

が浮かんできたときに吹き消した状態が、涅槃の意味になります。 仏教の発展とともに、一種の分析が涅槃にも加えられ、修行者がどれほど努力しても、到達しうる境地は、この世に生存して肉体を維持している限り、不完全な涅槃(有余 うよ または有余依 うよえ 涅槃)であって、死後に初めて完全な涅槃(無余または無余依涅槃)に至ると考えられた。

5
意味 涅槃

これは、上座部仏教の目指す最高のさとりの境地です。 傍にいる人が、気絶した阿難に水をかけて、蘇生させようとしています。

2
意味 涅槃

でも、仏教では、瞑想を通して、このことを確認することになります。 涅槃の境地に達したお釈迦様が最初に語った四諦八正道の教え お釈迦様は35歳で涅槃の境地に達したのですが、達して後、お釈迦様は共に修行をしていた修行者に、この世の真理とこの世の苦しみから逃れる方法を教えました。

意味 涅槃

仏教においても「現世の苦悩から解放されて絶対自由の境地に達すること」を意味します。

2
意味 涅槃

悶絶する阿難尊者 宝台の手前で、手を投げ出して倒れているのは阿難尊者です。 一切皆苦という言葉についてはこちらで詳しく解説しています。 これが「煩悩を断ぜずして涅槃を得る」という教えの一般的な理解です。

5
意味 涅槃

35歳の時に悟りを開いて、仏教の開祖となったのです。 釈迦 しゃか がこれを体得して人々に説き、また仏教と同時代におこり栄えたジャイナ教も、この語を同様の意味で用いた。

意味 涅槃

大乗仏教 大乗仏教では、・楽・・浄のを具えない部派仏教の涅槃を涅槃とするのに対して、この四徳を具える涅槃を涅槃とし、無為涅槃を最上のものとする。

12