エクセル 行 ごと に 色。 1 行おきまたは 1 列おきに色を設定する

ごと 色 に 行 エクセル

つまり上の数式では、ある選択の関数を2で割ったものの余りが1となるときに、書式を変更するという意味を持つのです。

ごと 色 に 行 エクセル

[ ホーム]、[ テーブルとして書式設定] の順にクリックします。 だから、この条件付き書式を 1 つ下のセルにコピーすると、 「右に 1 つ進んだセルが Word と等しい」ため、セルが黄色で塗りつぶされます。

14
ごと 色 に 行 エクセル

行や列に条件付き書式を設定する• 置換の関数や削除の関数をパターン別に例示し. 私の環境がMicrosoft2010なので2010でのエクセル画面になってしまいますが、悪しからずw 手順は以下の通りです。

ごと 色 に 行 エクセル

ただし次の2点についてご留意ください。 まずは先ほどのデータにおける数値範囲を選択し、上タブの条件付き書式を選択、新しいルールを選びます。 1行おきにセルの色を変えることで表を見やすくしたいといったときの方法です。

1
ごと 色 に 行 エクセル

通常の表をテーブルに変換すると自動的に書式が設定されます。

4
ごと 色 に 行 エクセル

[書式]ボタンをクリックします。 デザインを変更できる「テーブル」 「書式のみコピー」では、行の追加・削除のたびに再設定が必要になってしまいます。

ごと 色 に 行 エクセル

このほか、3行おきに色を変える場合は、数式を以下のようにします。 [新しい書式ルール] 画面 から[数式を使用して、書式設定するセルを決定] を選択します。 if文による条件分岐 条件分岐には以下のようなif文を使います。

10
ごと 色 に 行 エクセル

これを行うには、次の操作を実行します。

7