コロナ カタカナ。 【カタカナ用語まとめ】新型コロナウイルス報道でよく出る頻出ワード17選

カタカナ コロナ

例えば 「 エビデンスに基づいた治療」という場合は、 「 研究などによって、良いと証明されている(根拠のある)治療」ということになります。 これが誰にでも理解できる言葉なのかね。

17
カタカナ コロナ

過去にもコロナウイルスと同様に多くの感染症が猛威を振るっています。

カタカナ コロナ

でも、「感染の爆発的拡大」とか「感染者急増」とでも言ってくれた方が、より危機感が高まるような気がしないではありません。 ・「ロックダウン」=都市封鎖 ・「オーバーシュート」=感染爆発 ・ 「クラスター」=集団感染 専門家には日常的な言葉でも、一般人にはこうした言葉はなかなか馴染めない』 としています。 検査では、採取した粘液をコロナウィルスに特徴的な遺伝物質の一部を増加させます。

12
カタカナ コロナ

なんやかんやみんな新しく覚えた言葉を使いたくてしょうがない。

13
カタカナ コロナ

小規模な「集団感染」を表す用語として使われます。 「エビデンス資料」とせずに、単に 「エビデンスを添付する」という言い方をすることもあります。

5
カタカナ コロナ

具体的には24時間の外出禁止に加え、他の区や市への出入りも禁止、食料品や飲料水の供給もストップする非常に厳格な措置です。 日本語で言えないの?早い話が馬鹿なんだな。

カタカナ コロナ

関連語:自粛警察 自粛生活が長期化する中、市民による監視行動が相次いだ。

12