Yama 麻痺 歌詞。 yama 麻痺

麻痺 歌詞 yama

イントロダクション: 東京の強豪中学バレーチームで深刻なトラブルを起こしてしまった灰島公誓は、子供時代を過ごした母方の郷里・福井に転居し、幼なじみの黒羽祐仁と再会。

麻痺 歌詞 yama

ずばぬけた身体能力を持ちながらプレッシャーに弱い黒羽と、バレーへの圧倒的な情熱と才能ゆえに周囲との摩擦を引き起こしてばかりの灰島はエースコンビとして成長していくが、中学最後の県大会で衝突し、絶縁状態のまま二人は地元の清陰高校に進学する。

9
麻痺 歌詞 yama

痺れちゃうくらいに怖くてさ 足が竦んで竦んでいた その時 落ちた涙が今も忘れらんないよな どうしようか 逆境は慣れてないから 曖昧な覚悟しか出来てないよな 細胞が硬直し始めては あんまりな未来を見せてくんだな あの頃の僕ら ただ人を羨んでは 見えない何かに怒ってさ 片足で跨げる様な 段差をずっと睨んで 言葉も出なくて掻きむしっていた 痺れちゃうくらいに怖くてさ 足が竦んで竦んでいた その時 落ちた涙が今も忘れらんないよな 私を強くさせた貴方に捧げる 可憐なアタックに込めた素敵なバラードを 残響が耳の奥でなってたんだな 苦しいよな独りで立ち向かうのは よれたTシャツの裏 隠した弱い心 見えないフリをしていたよな そこに刻まれたそれぞれの傷を 奈落の底まで連れて行かないか 壊れちゃうくらいに脆くても 強く愛を求めていた このステージに立ってる意味を 今も忘れたくないよな 遥かに遠く飛んだ丸い太陽 紅蓮に光ってたいと願う僕らの様だな 通り雨 貴方の頭上に落ちていく 「助けて」と聞こえた それが嘘か誠かなんて 痺れちゃうくらいに怖くてさ 足が竦んで竦んでいた その時 落ちた涙が今も忘れらんないよな 私を強くさせた貴方に捧げる 可憐なアタックに込めた素敵なバラードを. 痺れちゃうくらいに怖くてさ 足が竦んで竦んでいた その時 落ちた涙が今も忘れらんないよな どうしようか 逆境は慣れてないから 曖昧な覚悟しか出来てないよな 細胞が硬直し始めては あんまりな未来を見せてくんだな あの頃の僕ら ただ人を羨んでは 見えない何かに怒ってさ 片足で跨げる様な 段差をずっと睨んで 言葉も出なくて掻きむしっていた 痺れちゃうくらいに怖くてさ 足が竦んで竦んでいた その時 落ちた涙が今も忘れらんないよな 私を強くさせた貴方に捧げる 可憐なアタックに込めた素敵なバラードを 残響が耳の奥でなってたんだな 苦しいよな独りで立ち向かうのは よれたTシャツの裏 隠した弱い心 見えないフリをしていたよな そこに刻まれたそれぞれの傷を 奈落の底まで連れて行かないか 壊れちゃうくらいに脆くても 強く愛を求めていた このステージに立ってる意味を 今も忘れたくないよな 遥かに遠く飛んだ丸い太陽 紅蓮に光ってたいと願う僕らの様だな 通り雨 貴方の頭上に落ちていく 「助けて」と聞こえた それが嘘か誠かなんて 痺れちゃうくらいに怖くてさ 足が竦んで竦んでいた その時 落ちた涙が今も忘れらんないよな 私を強くさせた貴方に捧げる 可憐なアタックに込めた素敵なバラードを. 男子バレー部で待っていたのは、身長163cmの熱血主将小田と、秀才で毒舌家の副主将青木の3年生コンビや日光アレルギーで常に長袖長ズボンの棺野、バレー初心者の大隈をはじめとする2年生たち。 ずばぬけた身体能力を持ちながらプレッシャーに弱い黒羽と、バレーへの圧倒的な情熱と才能ゆえに周囲との摩擦を引き起こしてばかりの灰島はエースコンビとして成長していくが、中学最後の県大会で衝突し、絶縁状態のまま二人は地元の清陰高校に進学する。 山と青空に囲まれた福井を舞台に、弱小男子バレー部が全国を目指す熱い青春ストーリー! 43 清陰高校男子バレー部』壁井ユカコ(集英社文庫・集英社刊・「集英社文芸ステーション」連載中) 監督:木村泰大 シリーズ構成:黒田洋介 キャラクター原案:山川あいじ キャラクターデザイン・総作画監督:高橋裕一 美術監督:松村良樹/秋山健太郎 色彩設計:津守裕子 3Dディレクター:山本祐希江 撮影監督:鯨井 亮 編集:廣瀬清志 音響監督:土屋雅紀 音楽: オープニング・テーマ:yama「麻痺」(MASTERSIX FOUNDATN) エンディング・テーマ:「Undulation」(ソニー・ミュージックレコーズ) アニメーション制作:david production 制作:アニメ「2. 痺れちゃうくらいに怖くてさ 足が竦んで竦んでいた その時 落ちた涙が今も忘れらんないよな どうしようか 逆境は慣れてないから 曖昧な覚悟しか出来てないよな 細胞が硬直し始めては あんまりな未来を見せてくんだな あの頃の僕ら ただ人を羨んでは 見えない何かに怒ってさ 片足で跨げる様な 段差をずっと睨んで 言葉も出なくて掻きむしっていた 痺れちゃうくらいに怖くてさ 足が竦んで竦んでいた その時 落ちた涙が今も忘れらんないよな 私を強くさせた貴方に捧げる 可憐なアタックに込めた素敵なバラードを 残響が耳の奥でなってたんだな 苦しいよな独りで立ち向かうのは よれたTシャツの裏 隠した弱い心 見えないフリをしていたよな そこに刻まれたそれぞれの傷を 奈落の底まで連れて行かないか 壊れちゃうくらいに脆くても 強く愛を求めていた このステージに立ってる意味を 今も忘れたくないよな 遥かに遠く飛んだ丸い太陽 紅蓮に光ってたいと願う僕らの様だな 通り雨 貴方の頭上に落ちていく 「助けて」と聞こえた それが嘘か誠かなんて 痺れちゃうくらいに怖くてさ 足が竦んで竦んでいた その時 落ちた涙が今も忘れらんないよな 私を強くさせた貴方に捧げる 可憐なアタックに込めた素敵なバラードを 嗚呼 今 静かに心が燃えてたみたいだ. yama 麻痺 作詞:TOOBOE 作曲:TOOBOE 痺れちゃうくらいに怖くてさ 足が竦んで竦んでいた その時 落ちた涙が今も忘れらんないよな どうしようか 逆境は慣れてないから 曖昧な覚悟しか出来てないよな 細胞が硬直し始めては あんまりな未来を見せてくんだな あの頃の僕ら ただ人を羨んでは 見えない何かに怒ってさ 片足で跨げる様な 段差をずっと睨んで 言葉も出なくて掻きむしっていた 痺れちゃうくらいに怖くてさ 足が竦んで竦んでいた その時 落ちた涙が今も忘れらんないよな 私を強くさせた貴方に捧げる 可憐なアタックに込めた素敵なバラードを 残響が耳の奥でなってたんだな 苦しいよな独りで立ち向かうのは もっと沢山の歌詞は よれたTシャツの裏 隠した弱い心 見えないフリをしていたよな そこに刻まれたそれぞれの傷を 奈落の底まで連れて行かないか 壊れちゃうくらいに脆くても 強く愛を求めていた このステージに立ってる意味を 今も忘れたくないよな 遥かに遠く飛んだ丸い太陽 紅蓮に光ってたいと願う僕らの様だな 通り雨 貴方の頭上に落ちていく 「助けて」と聞こえた それが嘘か誠かなんて 痺れちゃうくらいに怖くてさ 足が竦んで竦んでいた その時 落ちた涙が今も忘れらんないよな 私を強くさせた貴方に捧げる 可憐なアタックに込めた素敵なバラードを. 痺 しびれちゃうくらいに 怖 こわくてさ 足 あしが 竦 すくんで 竦 すくんでいた その 時 とき 落 おちた 涙 なみだが 今 いまも 忘 わすれらんないよな どうしようか 逆境 ぎゃっきょうは 慣 なれてないから 曖昧 あいまいな 覚悟 かくごしか 出来 できてないよな 細胞 さいぼうが 硬直 こうちょくし 始 はじめては あんまりな 未来 みらいを 見 みせてくんだな あの 頃 ころの 僕 ぼくら ただ 人 ひとを 羨 うらやんでは 見 みえない 何 なにかに 怒 おこってさ 片足 かたあしで 跨 またがげる 様 ような 段差 だんさをずっと 睨 にらんで 言葉 ことばも 出 でなくて 掻 かきむしっていた 痺 しびれちゃうくらいに 怖 こわくてさ 足 あしが 竦 すくんで 竦 すくんでいた その 時 とき 落 おちた 涙 なみだが 今 いまも 忘 わすれらんないよな 私 わたしを 強 つよくさせた 貴方 あなたに 捧 ささげる 可憐 かれんなアタックに 込 こめた 素敵 すてきなバラードを 残響 ざんきょうが 耳 みみの 奥 おくでなってたんだな 苦 くるしいよな 独 ひとりで 立 たち 向 むかうのは よれたTシャツの 裏 うら 隠 かくした 弱 よわい 心 こころ 見 みえないフリをしていたよな そこに 刻 きざまれたそれぞれの 傷 きずを 奈落 ならくの 底 そこまで 連 つれて 行 いかないか 壊 こわれちゃうくらいに 脆 もろくても 強 つよく 愛 あいを 求 もとめていた このステージに 立 たってる 意味 いみを 今 いまも 忘 わすれたくないよな 遥 はるかに 遠 とおく 飛 とんだ 丸 まるい 太陽 たいよう 紅蓮 ぐれんに 光 ひかってたいと 願 ねがう 僕 ぼくらの 様 ようだな 通 とおり 雨 あめ 貴方 あなたの 頭上 ずじょうに 落 おちていく 「 助 たすけて」と 聞 きこえた それが 嘘 うそか 誠 まことかなんて 痺 しびれちゃうくらいに 怖 こわくてさ 足 あしが 竦 すくんで 竦 すくんでいた その 時 とき 落 おちた 涙 なみだが 今 いまも 忘 わすれらんないよな 私 わたしを 強 つよくさせた 貴方 あなたに 捧 ささげる 可憐 かれんなアタックに 込 こめた 素敵 すてきなバラードを 痺 shibi れちゃうくらいに rechaukuraini 怖 kowa くてさ kutesa 足 ashi が ga 竦 suku んで nde 竦 suku んでいた ndeita その sono 時 toki 落 o ちた chita 涙 namida が ga 今 ima も mo 忘 wasu れらんないよな rerannaiyona どうしようか doushiyouka 逆境 gyakkyou は ha 慣 na れてないから retenaikara 曖昧 aimai な na 覚悟 kakugo しか shika 出来 deki てないよな tenaiyona 細胞 saibou が ga 硬直 kouchoku し shi 始 haji めては meteha あんまりな anmarina 未来 mirai を wo 見 mi せてくんだな setekundana あの ano 頃 koro の no 僕 boku ら ra ただ tada 人 hito を wo 羨 uraya んでは ndeha 見 mi えない enai 何 nani かに kani 怒 oko ってさ ttesa 片足 kataashi で de 跨 mataga げる geru 様 you な na 段差 dansa をずっと wozutto 睨 nira んで nde 言葉 kotoba も mo 出 de なくて nakute 掻 ka きむしっていた kimushitteita 痺 shibi れちゃうくらいに rechaukuraini 怖 kowa くてさ kutesa 足 ashi が ga 竦 suku んで nde 竦 suku んでいた ndeita その sono 時 toki 落 o ちた chita 涙 namida が ga 今 ima も mo 忘 wasu れらんないよな rerannaiyona 私 watashi を wo 強 tsuyo くさせた kusaseta 貴方 anata に ni 捧 sasa げる geru 可憐 karen な na アタック atakku に ni 込 ko めた meta 素敵 suteki な na バラ baraー ド do を wo 残響 zankyou が ga 耳 mimi の no 奥 oku でなってたんだな denattetandana 苦 kuru しいよな shiiyona 独 hito りで ride 立 ta ち chi 向 mu かうのは kaunoha よれた yoretaT シャツ syatsu の no 裏 ura 隠 kaku した shita 弱 yowa い i 心 kokoro 見 mi えない enai フリ furi をしていたよな woshiteitayona そこに sokoni 刻 kiza まれたそれぞれの maretasorezoreno 傷 kizu を wo 奈落 naraku の no 底 soko まで made 連 tsu れて rete 行 i かないか kanaika 壊 kowa れちゃうくらいに rechaukuraini 脆 moro くても kutemo 強 tsuyo く ku 愛 ai を wo 求 moto めていた meteita この kono ステ suteー ジ ji に ni 立 ta ってる tteru 意味 imi を wo 今 ima も mo 忘 wasu れたくないよな retakunaiyona 遥 haru かに kani 遠 too く ku 飛 to んだ nda 丸 maru い i 太陽 taiyou 紅蓮 guren に ni 光 hika ってたいと ttetaito 願 nega う u 僕 boku らの rano 様 you だな dana 通 too り ri 雨 ame 貴方 anata の no 頭上 zujou に ni 落 o ちていく chiteiku 「 助 tasu けて kete」 と to 聞 ki こえた koeta それが sorega 嘘 uso か ka 誠 makoto かなんて kanante 痺 shibi れちゃうくらいに rechaukuraini 怖 kowa くてさ kutesa 足 ashi が ga 竦 suku んで nde 竦 suku んでいた ndeita その sono 時 toki 落 o ちた chita 涙 namida が ga 今 ima も mo 忘 wasu れらんないよな rerannaiyona 私 watashi を wo 強 tsuyo くさせた kusaseta 貴方 anata に ni 捧 sasa げる geru 可憐 karen な na アタック atakku に ni 込 ko めた meta 素敵 suteki な na バラ baraー ド do を wo. 作詞:TOOBOE 作曲:TOOBOE 痺れちゃうくらいに怖くてさ 足が竦んで竦んでいた その時 落ちた涙が今も忘れらんないよな どうしようか 逆境は慣れてないから 曖昧な覚悟しか出来てないよな 細胞が硬直し始めては あんまりな未来を見せてくんだな あの頃の僕ら ただ人を羨んでは 見えない何かに怒ってさ 片足で跨げる様な 段差をずっと睨んで 言葉も出なくて掻きむしっていた 痺れちゃうくらいに怖くてさ 足が竦んで竦んでいた その時 落ちた涙が今も忘れらんないよな 私を強くさせた貴方に捧げる 可憐なアタックに込めた素敵なバラードを 残響が耳の奥でなってたんだな 苦しいよな独りで立ち向かうのは よれたTシャツの裏 隠した弱い心 見えないフリをしていたよな そこに刻まれたそれぞれの傷を 奈落の底まで連れて行かないか 壊れちゃうくらいに脆くても 強く愛を求めていた このステージに立ってる意味を 今も忘れたくないよな 遥かに遠く飛んだ丸い太陽 紅蓮に光ってたいと願う僕らの様だな 通り雨 貴方の頭上に落ちていく 「助けて」と聞こえた それが嘘か誠かなんて 痺れちゃうくらいに怖くてさ 足が竦んで竦んでいた その時 落ちた涙が今も忘れらんないよな 私を強くさせた貴方に捧げる 可憐なアタックに込めた素敵なバラードを sibi re tyau kurai ni kowa ku te sa asi ga suku n de suku n de i ta sono toki o ti ta namida ga ima mo wasu re ran nai yo na dou siyo u ka gyakkyou ha na re te nai kara aimai na kakugo sika deki te nai yo na saibou ga koutyoku si hazi me te ha anmari na mirai wo mi se te kun da na ano koro no boku ra tada hito wo uraya n de ha mi e nai nani ka ni ika xtu te sa kataasi de mataga geru you na dansa wo zutto nira n de kotoba mo de naku te ka kimusixtu te i ta sibi re tyau kurai ni kowa ku te sa asi ga suku n de suku n de i ta sono toki o ti ta namida ga ima mo wasu re ran nai yo na watasi wo tuyo ku sa se ta anata ni sasa geru karen na atakku ni ko me ta suteki na bara-do wo zankyou ga mimi no oku de naxtu te ta n da na kuru sii yo na hito ri de ta ti mu kau no ha yore ta T syatu no ura kaku si ta yowa i kokoro mi e nai huri wo si te i ta yo na soko ni kiza ma re ta sorezore no kizu wo naraku no soko made tu re te i ka nai ka kowa re tyau kurai ni moro ku te mo tuyo ku ai wo moto me te i ta kono sute-zi ni ta xtu teru imi wo ima mo wasu re taku nai yo na haru ka ni too ku to n da maru i taiyou guren ni hika xtu te tai to nega u boku ra no you da na too ri ame anata no zuzyou ni o ti te iku 「 tasu ke te 」 to ki koe ta sore ga uso ka makoto ka nante sibi re tyau kurai ni kowa ku te sa asi ga suku n de suku n de i ta sono toki o ti ta namida ga ima mo wasu re ran nai yo na watasi wo tuyo ku sa se ta anata ni sasa geru karen na atakku ni ko me ta suteki na bara-do wo. 男子バレー部で待っていたのは、身長163cmの熱血主将小田と、秀才で毒舌家の副主将青木の3年生コンビや日光アレルギーで常に長袖長ズボンの棺野、バレー初心者の大隈をはじめとする2年生たち。

9
麻痺 歌詞 yama

1曲まるごと収録されたCDを超える音質音源ファイルです。 43 清陰高校男子バレー部』壁井ユカコ(集英社文庫・集英社刊・「集英社文芸ステーション」連載中) 監督:木村泰大 シリーズ構成:黒田洋介 キャラクター原案:山川あいじ キャラクターデザイン・総作画監督:高橋裕一 美術監督:松村良樹/秋山健太郎 色彩設計:津守裕子 3Dディレクター:山本祐希江 撮影監督:鯨井 亮 編集:廣瀬清志 音響監督:土屋雅紀 音楽:菅野祐悟 オープニング・テーマ:yama「麻痺」(MASTERSIX FOUNDATION) アニメーション制作:david production 制作:アニメ「2. ハイレゾ商品(FLAC)の試聴再生は、AAC形式となります。

麻痺 歌詞 yama

ハイレゾ音質での再生にはハイレゾ対応再生ソフトやヘッドフォン・イヤホン等の再生環境が必要です。

5
麻痺 歌詞 yama

。 。

6
麻痺 歌詞 yama

。 。

9
麻痺 歌詞 yama

18
麻痺 歌詞 yama

1