スコッチ グレイン シャイン オア レイン。 スコッチグレインの雨用本革靴シャインオアレインを買ってみた

オア スコッチ レイン シャイン グレイン

(個人的にはオデッサに比べて若干小さいような感じがしました。 写真の通り、水をかけてもガンガンに弾いてくれます。

2
オア スコッチ レイン シャイン グレイン

乾拭き 1日目と同様に、クロスで乾拭きをして仕上げます。 スコッチグレインの革は、ドイツ、フランス、イタリア、イギリスなどのヨーロッパ各国や、姫路や栃木といった国内から、厳選されて集められています。

オア スコッチ レイン シャイン グレイン

名前のとおり、天候に関係なく快適な履き心地とスタイリッシュな足元を演出するシリーズ。 レザーや製法のクオリティに優れた、国内の上質な革靴が3万円台で購入でき、靴底が消耗しても張り替えが可能なため、納得のいく買い物になることでしょう。

オア スコッチ レイン シャイン グレイン

比較的低価格帯でありながら、非常に満足度の高いスコッチグレインのシャインオアレインは、雨の日用の革靴をお探しの方にとてもオススメです。 左:スコッチグレインのシャインオアレイン 右:ジャランスリワヤのチャッカ ・3分後拭いてみると・・・? 撥水加工がされたシャインオアレインは全くシミは付いていませんでしたが、撥水加工のないジャランスリワヤはシミが出来ていました。 (もっと早く買いに行けよって話なんですけどね・・・) 試し履きでオデッサの916DBR(茶色のストレートチップ)を履いたので、一瞬茶色にしちゃおうかなとも思ったのですが(茶色がまためちゃくちゃかっこいいんですよね。

オア スコッチ レイン シャイン グレイン

ソールはゴム製のため、水に濡れた路面もしっかりとグリップし、歩きやすさとデザイン性を兼ね備えています。 人気を裏付ける3つの特徴 先程ご紹介した通り、こちらのシャインオアレインは雨用紳士靴の中では1、2を争うほどの人気があります。 しかし、 撥水 はっすいレザーをアッパーに使ったシャインオアレインならば、水シミを気にせずに履くことができます。

9
オア スコッチ レイン シャイン グレイン

丹念にクリームを塗り込み、ピカピカになるまで拭いて手入れをしている革靴が、たった一度の雨だけで、ダメになる。 SGソールは底が丈夫なため普通の靴より歩きやすいのではないかと感じるくらいだ。

オア スコッチ レイン シャイン グレイン

日本人の足の形や歩き方に合わせて作成された木型は、細心の注意を払って、コンマ数ミリ単位で削り出しが行われています。

11