折々 の ことば。 「折々のことば」の担当記者に聞く「ちょい読み」│「ちょい読み」から楽しむ│朝日新聞

ことば 折々 の

そしてついには刀欠け、弓折れ、矢尽きて、ただ一人ほの暗い木のうろで空腹に耐えかねているおのれを見出した。 これはその中の一つ、「続・いのちの波動」(2015. [2015. 15歳で手術を受けて指が動かせるようになったことに感激して、医師を目指すようになる。 けれど、目が見えるのに見ようとしないのは、もっと悲しいことです。

9
ことば 折々 の

このイエスの死により、イエスの教えは燎原の火のように広がり、キリスト教は世界の宗教になっていった。

7
ことば 折々 の

きょうは生えていて、あすは炉に投げ入れられる野の草でさえ、神はこのように装って下さるのなら、あなたがたに、それ以上よくしてくださらないはずがあろうか。 しかし、まだその意味については理解が浅かったような気がする。

ことば 折々 の

全文は、「わたしはあなたのみおしえを喜んでいます。

5
ことば 折々 の

19] 6.盲目であることは悲しいことです。 これは大きな勝利です。

1
ことば 折々 の

[2015. He robs himself who spends in bootless grief. 戦前の内閣で商工大臣、国務大臣を務めたこともある。 それが自分を成長させてくれたことがわかるからだ。 眼が開かれてさえいれば、すべて宝となるはずのものも、自分の心が暗闇であれば、それらはことごとく禍にしかならないというのである。

14
ことば 折々 の

しかし、やがて、彼女は悟るようになる。

11