マイクロ led ディスプレイ。 液晶&有機ELに続く!「ミニLED」と「マイクロLED」って何?

ディスプレイ マイクロ led

まとめ 台湾のPlayNitrideが作るマイクロLEDディスプレイによる透明ディスプレイを紹介しました。 赤・緑・青の光を混ぜると白色になること、混ぜ合わせる比率を調整することで様々な色を作り出せることは、「光の混色(加法混色)」として知られ、赤・緑・青を光の三原色と呼ばれていることはご存知かと思います。

18
ディスプレイ マイクロ led

そのため、テレビの大型化は頭打ちで、ノートパソコンのような持ち運び可能な情報機器も存在せず、ましてやスマートフォンのような携帯型情報端末など作りようがありませんでした。 従来は受注生産で供給してきたが、モジュール価格の公開で量産へ弾みをつけるのが狙いだ。

ディスプレイ マイクロ led

インチあたりの画素密度も高いため、スマートフォンなどのモバイル機器にも適用できる点が違いとなります。 また家庭用テレビとしては、LEDモジュールの「サイズ」も大きな課題。

17
ディスプレイ マイクロ led

JDIは2017年に、従来の液晶ディスプレイに必要なカラーフィルターおよび、偏光板を取り除く技術を採用した4インチディスプレイを開発。 その秘密はマイクロLEDの仕組みにあります。

15
ディスプレイ マイクロ led

PlayNitrideとは? PlayNitride Inc. 透過率は「世界トップクラス」(JDI)の87%(オフ時)で、透けた背景の歪みも少ないという。

ディスプレイ マイクロ led

マイクロLEDが秘めるポテンシャルは高く、現在進行形で国内外の多くの企業が研究開発を進めています。

11