ハイキュー 366。 【ネタバレ注意】試合続行!アツい!ハイキュー!!366話【感想・考察】

366 ハイキュー

いくつもの試合を見てきた、経験してきた烏養監督の言葉の重みがすごいですね・・・ 数々の波乱を乗り越えてきた烏野は、日向がいなくなっても乗り越えていくことができるのでしょうか!? セッター影山 366話は日向がいなくなったコートから始まります。 今年の春高での星海との試合はもう出来ません。 成田のスパイクは鴎台のブロックに叩き落されてしまいますが、誰が止めたのかは解説は気づいておらず、「鴎台のだれかがまた止めた」言われるのが強さの証と誇らしげです。

18
366 ハイキュー

この先でこんな気持ちになるもんかと刻む様に伝えます。 かつて、烏野高校バレー部を強豪校まで引き上げた・烏養監督の。

18
366 ハイキュー

自身で生活費を稼ぎ、バレー生活を送っているようでしたので、 遠征は考えにくい・・・ となれば、留学か、生活拠点をブラジルに移して生活をしている方が可能性としては高いですね! なぜブラジルに? さて、 ブラジル・リオデジャネイロ! 何故この地が選ばれたのでしょうか? ブラジルは、世界的に見て、 バレーが盛んで強豪国であると言われています! 男子は 世界ランクでも上位に君臨しています! 2019年のW杯女子バレーでは、日本は鉄壁ブラジルを相手に敗北していますし・・・ 修行するにはもってこいの地ですよね! 小さな巨人再び? そんな強豪国であるブラジルにいき、日向はどうバレーをしていくのでしょうか? 実際のブラジルの過去の選手なんかを見てみたのですが、全員大きい! 低くても180cm以上で、 190cm・200cmを超える選手がわんさか!!! ハイキューに登場してくるかは分かりませんが・・・ しかし、日向にとってこれだけの 高身長の中でバレーをしていくのは苦労がついてくるでしょう! でも、日向は今までも小さいながらバネと動体視力で戦い抜いてきました。 背番号は4。

19
366 ハイキュー

度重なるピンチに見舞われながらもチーム一丸となって奮闘、フルセットにまで持ち込むもあと一歩及ばす敗北。 \書店で買うより圧倒的に電子書籍の方が安く読める!/. 黒川とともに春高に出場した烏野の応援に東京まで駆けつけており、成長した澤村たちの姿に涙を流していた。

12
366 ハイキュー

サブアリーナで着替えを済ます日向を訪れた研磨。 皆さんの感想もお待ちしておりますので、お気軽にコメント欄に書き込んでいただけますと嬉しいです!U-NEXTは、国内最大級の動画配信サービスです。 そういわれることが、俺たちお強さの証だと話す諏訪。

366 ハイキュー

春高予選で敗退後「どんな強く高い相手でも止められるようになる」と悔しがる黄金川に対して「止める事が難しい相手が、大きく力が強いとは限らない」と暗に日向のことを指し示す発言をしている他、日向と会う度に丁寧なお辞儀を交わしている。 結果的には最後まで動けるプレースタイルであり、単なる体力温存の緩慢プレーではない模様。 影山は俺の勝ちだと、初めて出逢った時に日向が影山よりも長くコートにいると言った話をする 星海は大声で日向を待っているとエールをおくる。

366 ハイキュー

「春高出場決定ポスター」も作成している。 LeagueのDivision1のシュヴァイデンアドラーズに入っており、ブラジルから送られて来た、日向と及川のツーショット写真を見ると牛島と2人揃って困惑していた。 鴎台は常にメンバーチェンジをうまく使い、まだ守備がうまくない白馬を補うフォーメーションを作っています。

8
366 ハイキュー

澤村の中学からの同級生で、県予選まで烏野高校女子バレー部主将を務めた。 バレーボールはチームプレー。

17
366 ハイキュー

黄金川 貫至(こがねがわ かんじ) 声 - 身長:191. 励ましに来たという言葉に、目を潤ませる日向。 そしてついに、3年生は最後となる春高予選が始まる。 「熱」です。

14