新型 コロナ ウイルス 細菌 兵器。 新型コロナウイルスは人工的な生物兵器?陰謀論で片付けられない特殊性と迫る政変=斎藤満

兵器 細菌 新型 ウイルス コロナ

仏紙ル・モンド(3月7日)でも、専門家がその主張を完全否定している。 軍事的常識から言って、潜伏期間なる悠長なものがあり、さらにその致死率が最悪でも5%未満などという新型コロナウイルスは、兵器として研究するに値しないのである。

4
兵器 細菌 新型 ウイルス コロナ

11月中旬の時点で、周氏の研究室は、スーパーコロナウイルスとコウモリの感染症に関する研究の実施を支援するために、経験のない研究員たちを積極的に採用していた。 確かに、現在の異様ともいえる拡大と感染力の強さは、このようなウイルスの姿そのままともいえます。 この研究論文の発表によりネットユーザー達は、こぞって「 新型コロナウイルスは、SARSウイルスとエイズウイルスを人工的に合成したモノである。

兵器 細菌 新型 ウイルス コロナ

〒104-0045 東京都中央区築地4-3-12 1006• ただしその主張は、グローバル・リサーチが主張するアメリカ起源説とは真逆の、「中国生物兵器説」だ。 なお、上の 4番目にある「 STING 」というのは、2019年3月のネイチャーの記事によれば、 STINGは、細胞質中のDNAに対する自然免疫応答に重要な役割を担うタンパク質 だそうで、 RNA ウイルスおよび DNA ウイルスの感染に対する生体防御機構に重要な機能を与えるものだそうです。 日付は無い。

7
兵器 細菌 新型 ウイルス コロナ

SARSも感染源も北京の国立ウイルス学研究所だったことが 公表されていますし。

兵器 細菌 新型 ウイルス コロナ

この説を採用した場合、武漢ウイルス研究所で作られたウイルスが何らかの理由で外部に流出した可能性は否定できなくなります。

7
兵器 細菌 新型 ウイルス コロナ

それ以外の陰謀論のほとんどは筆者の見るかぎり、「武漢に病原体研究施設があった」という事実から、何の具体的情報もないまま「そこから漏れた可能性がある」と想像し、さらに「そこで開発していた人工ウイルスではないか」と話を膨らませたものばかりで、いずれも科学的根拠がない。 2人とも中国の生物戦争兵器プログラムに関与しており、中国科学施設からの留学生として、他の多くの中国人工作員に紛れてカナダのNMLに潜入した疑いがある。

3
兵器 細菌 新型 ウイルス コロナ

非国家主体のテロ組織や個人でも生物兵器を作製できることを考えれば、条約による規制の限界は否めない。 井上氏の分類では〈2〉に当たる、人を無力化させて敵国の社会を混乱させる目的で開発されたものなら、致死力が強くなくても兵器の役割を十分に果たすというのだ。

6
兵器 細菌 新型 ウイルス コロナ

2014年、アメリカCDC(疾病対策センター)が、この新型の人工ウイルスの研究が生物兵器に転用されるリスクを想定し、すぐに石正麗研究員と共同研究するのを中止し、当然ながら研究経費も停止しました。 北京中国科学院微生物学研究所 ここにも武漢が出てきます。 武漢の人口は1000万人 それを丸ごと、軍が封鎖しているのは事実 危険度合いは、報道より高いのでは?• サイト名は「グローバル・リサーチ」、運営しているのは「センター・フォー・リサーチ・オン・グローバリゼーション(CRG)」。

兵器 細菌 新型 ウイルス コロナ

そもそも、世界各国で研究されている生物兵器の中に、コロナウイルスは含まれていないというのである。 邱香果は、NMLの特別病原体プログラムのワクチン開発および抗ウイルス療法部門の責任者だった。 「2004年にSARSの研究所漏洩事件が起きた後、中国の旧厚生省は、SARS、コロナウイルス、新型インフルエンザウイルスなどの危険レベル高のウイルスの保存所の建設を開始しました。

1