ミネブロ 添付 文書。 【ミネブロ(エサキセレノン)ってどんな薬?】セララやアルダクトンとの違いを比較する!|薬剤師の悩みを解決するサイト|HitouchMedi

添付 文書 ミネブロ

ミネラルコルチコイド受容体(MR) ミネラルコルチコイド受容体(MR) とはアルドステロンの受容体です。

17
添付 文書 ミネブロ

5mgを1日1回投与へ増量し、効果不十分な場合は、5mgまで増量することができる。 抗炎症・鎮痛薬(ボルタレン、ロキソニン等)は、この薬の効果を減弱したり、副作用を強めるおそれがあります。

添付 文書 ミネブロ

こちらの患者さんも高カリウム血症の発現リスクが特に高いと考えられており 2)、類薬のセララは禁忌です。 5mgを1日1回投与へ増量し、効果不十分な場合は、5mgまで増量することができる• 最大の特徴は非ステロイドであるという点。

添付 文書 ミネブロ

収縮期血圧:140mmHg未満• エサキセレノンは非ステロイド骨格を有する MR ブロッカーであり、MR へのアルドステロンの結合を選択的に阻害し、MR の活性化を抑制することで降圧作用を示す。 11)• インタビューフォームでは選択的ミネラルコルチコイド受容体ブロッカーって言ってますね。

15
添付 文書 ミネブロ

併用のさいは、高カリウム血症の発現に十分注意しなければなりません。 非ステロイド性消炎鎮痛剤 本剤の降圧作用の減弱や、腎機能障害患者では高カリウム血症があらわれるおそれがある。

7
添付 文書 ミネブロ

薬ではありませんが、健康食品のセイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)にも同様の性質があります。 併用注意:• 低血圧関連事象 臨床試験ではプラセボ群やセララ群に比べて、低血圧関連事象の発現頻度が高い傾向は示されませんでした。 ただし、セララはカリウム製剤に関しては、慢性心不全に使う場合は、禁忌ではなく、併用注意にグレードダウンする。

17
添付 文書 ミネブロ

飲みはじめに、めまいや立ちくらみを起こしやすいです。 2) 「イトラコナゾール、リトナビル及びネルフィナビルを投与中の患者」 …イトラコナゾール併用投与結果から、一律でミネブロを減量する必要はないと判断されたため、併用注意に記載。

15
添付 文書 ミネブロ

【添付文書記載事項】 用法及び用量に関連する使用上の注意: 1. しかし、 作用機序から過度の血圧低下が生じる可能性が否定できないため 2)、重要な潜在的リスクに設定されました。

4
添付 文書 ミネブロ

さらに、心臓や血管などの臓器障害にも関与し、心不全の発症や悪化要因にもなりかねません。

18