杞憂 に 終わる 意味。 「杞憂」の意味・使い方・類語を紹介!例文付き【故事成語で自己啓発】

に 終わる 意味 杞憂

これに対して、「思い過ごし」は「やや余計なことを考え過ぎる」とか、「物事を悪い方に考える」というニュアンスとなります。 そんな社会で私たちは心配すること、悩んでしまうことは珍しいことではありません。 「杞憂」はこのうちの「天瑞」という本にみえる故事です。

に 終わる 意味 杞憂

そのため、「神経質な母はまたあれこれと杞憂している」ということはあっても、「私が杞憂している」とはあまり使わないのです。

3
に 終わる 意味 杞憂

「危惧」とは、まだ起きていないものの、今後起こるであろう良くない事・悪い結果などを想定して心配することを指します。

12
に 終わる 意味 杞憂

ようやく心配性の男は安堵して喜び、男を心配していた人も心配の種が消えて安心しました。 誰かが盗んだのではないかと疑います。 類語 さあいままで「杞憂」の意味や由来。

1
に 終わる 意味 杞憂

ただし国土が狭くて、多くを輸入に頼っている、買わなければ食べられない国土自体を欲しがるというのは杞憂でしょう。 「杞憂」の「杞」とは、古代中国の殷代から戦国時代にかけて存在した国の名前です。

10
に 終わる 意味 杞憂

は、起きるかことを心、という意味であり、には、悪いをして、という意。 とはいえ、希望的観測の上に立って使ったり、後の経過を踏まえて「杞憂に終わった」というふうに用いることができます。

10
に 終わる 意味 杞憂

相手先に不快な思いをさせてしまったと悩んでいたが、私の杞憂にすぎなったことが判明した。

19
に 終わる 意味 杞憂

「明日の商談うまくいかなかったらどうしよう。 このように、大仰さの程度では「杞憂」は最高ランクに心配性な状態を示す言葉ですが、現代では次第に使い分けがあいまいになっているようです。 「憂」(ゆう)は 「案ずる・心配する」という意味。

5