ランボルギーニ ミウラ。 ポロストリコが手掛けたランボルギーニ カウンタックは約1億円! ミウラは約1億円での高価格で落札される

ミウラ ランボルギーニ

といっても、それはフェルッチオが正式にプロジェクトとして認めたものではなく、ダラーラやスタンツァーニと同様に、やはり20代でニュージーランドからイタリアへと渡り、ランボルギーニでメカニック兼テストドライバーとしての職を得た、ボブ・ウォーレスの個人的な実験車だった。 この個体が製作されたとき、ランボルギーニのセールス部門トップは、後にチゼタを設立するクラウディオ・ザンポッリであった。

11
ミウラ ランボルギーニ

このモデルは、ランボルギーニミウラの中で最も有名な世界に一台のみのレアカーです。 その下のフロントグリルも横長の楕円状だったものが上部中央が前方下部に張り出し、Sより口元を少し窄 すぼ めた感じになっている。

14
ミウラ ランボルギーニ

こちらはKhyzylSaleem氏による911GT2 RSの仮想レンダリングですが、「ダックテール」を通り越して「ホエールテール」と名付けられたリアスポイラーが取り付けられています。 フレーム製作を担当したマルケージ社の記録では747台。

ミウラ ランボルギーニ

たった5年で、9000万円が2億円オーバーになった「ミウラSVJ」とは そもそもJの始まりは、V型12気筒エンジンをミッドシップするという基本設計のミウラをレースの世界に投入すれば、きっと大きな成功を収めるはずだという、当時まだ20代のジャン・パオロ・ダラーラ、パオロ・スタンツァーニ、そしてボブ・ウォーレスの夢が原動力だった。

16
ミウラ ランボルギーニ

役割を終えた後にかけられたが、生みの親シュレード・ラドケ自身が最高額を出し、彼の個人所有となる。 固定ヘッドライトにしたのもそのためである。 ランボルギーニが財政難になった、「J」は"あるミラノの得意客"に販売される。

14
ミウラ ランボルギーニ

カスタマーとしてもファンとしても、興味の尽きないところである。 その真偽のほどはさておき、フェルッチョからのちに経営の全権を任されたエンジニアのパオロ・スタンツァーニはこう語ってくれた。

ミウラ ランボルギーニ

当時12気筒の大排気量をミッドシップに積んだクルマは前例がなかった。 「P400S」は、370馬力で等速ジョイントとベンチレーテッド・ディスク・ブレーキが装備されるようになります。

18