レオン アート 125。 レオンアート(LEONART) トラッカー125

125 レオン アート

操舵フィールと直進性も落ちつきがあった。

11
125 レオン アート

125ccという排気量は車の免許で乗れるバイクではありませんが、ハードルが高く無い排気量という事もあり多くのライダーに手が届くというのもグッド! 125cc市場は盛り上がっていますがまだまだラインナップは心元ない…そんな状況で増えるのはいちバイクファンとしてもかなり嬉しいですね。 これらのモデルは水冷2バルブ OHC 2気筒エンジンを搭載し(トラッカーを除く)、大柄な車格に見合った動力性能と爽快なフィーリングを実現しています。 ある程度エンジンを回して気持ちよく加速し、交通の流れをリードしていっても、白バイを気にしなければいけないような速度にはならない。

5
125 レオン アート

押し引きはヘリテイジ125よりもやや重めだが、それでも250ccクラス程度。

7
125 レオン アート

サブバイクでもかっこいいものが良い こんな人におすすめです。 ブレーキレバーのアジャスターやギヤポジションインジケーターを備えているのも嬉しい。

7
125 レオン アート

車体サイズは大柄で、 ホンダのレブル250よりも大きいです。

9
125 レオン アート

ステップ位置がそれほど後退していないので、上半身を支えるのにそれほど苦労はしないと思う。 ずっしり、どっしり、ゆったりを愉しむ。 ただ、これもチューニングの度合いが異なり、こだわりの高出力を発揮すると言う。

3
125 レオン アート

とはいえ、このピンクナンバーさえ目に入らなかったら、これらのバイクを125ccだとすぐに看破する人は少ないだろう。 価格には保険、登録などの諸費用は含まれておりません。

4
125 レオン アート

ゲーセンでチャンピオンシップとかも、めっちゃ遊んだ記憶があります。 前後連動ブレーキタイプのトリプルディスクを備えるなど足まわりも盤石だ。

17
125 レオン アート

驚いたのは、低回転からすごくトルクフルなこと。

15