門松 を 片付ける 日。 門松の意味と由来。時期はいつから?飾り方と片付け方。処分の仕方

片付ける 門松 日 を

門松を飾る意味:「歳神様が降りてくる際の目印」や「歳神様が宿る依り代」などの意味がある• だから1月1日になって門松や鏡餅が家にないと、歳神様は帰って行ってしまい縁起の悪い一年を過ごす羽目になってしまうので、年明けで門松などの正月飾りを飾り始めるのは論外なんです。

2
片付ける 門松 日 を

松の気は、繁栄・不老長寿・生命力の象徴とされていました。 「どんど焼き」が行われるかは、近所の神社で確認してください。 3、最後にそのまま新聞紙でくるみ、処分して下さい。

5
片付ける 門松 日 を

年神様への感謝の気持ちと今年の繁栄を祈願してゴミに出す どんど焼きなどに参加できず、正月飾りの処分に毎年困っている人は、気持ち的にも違うと思うので試してみてはいかがでしょうか。

14
片付ける 門松 日 を

どんど焼きは1月15日に行われるのでそれまでに持っていきましょう。

15
片付ける 門松 日 を

「木のこずえ(先端や枝)には神様が宿る」という思想が昔からあるので、 門松を家の前に飾っておくことで 歳神様を迎えるための依り代になると考えられているのです。

片付ける 門松 日 を

もともと、山で採ってきた松を使って門松を手作りしていた時代には、12月13日を松迎えと呼び、この日以降に門松を飾りました。

15
片付ける 門松 日 を

カレンダー(日めくり)によっては記載されているものもありますので確認してみてください。 門松は2つが並んでいますが、 片方は黒松で「雄松(おまつ)」、もう片方が赤松で「雌松(めまつ)」と呼ばれています。 せっかく門松を用意したのにこれでは意味がありませんね。

12