ころもへんに鍋。 コロナネ鍋の右の読み方 コロナ禍とは?

ころもへんに鍋

「コロナわざわい」とも読めそうですが、「禍」をつかう、その他の熟語を調べてみました。 ・しめすへんに鍋の右側の「禍」は「わざわい」「まがまがしい」で変換すると出る ・禍の意味をふまえて2020年初旬からメディアで「コロナ禍」と使い出し一般に広がった言葉。

14
ころもへんに鍋

それは自身でもよくわかっている。

3
ころもへんに鍋

 肉に火が通ったら焼き肉のたれ、コチュジャンを入れ、炒め、皿に取り出しておく。 「迷いましたけど、実家に居れば、少なくとも家賃を払わなくて済む。 30リンクのブログにも記載しています。

ころもへんに鍋

「礼、社」の左側部首の「ネ」は4画なので、しめすへん。 12月から福岡空港とJR博多駅の土産品店で販売するという。

15
ころもへんに鍋

全くの誤りと見るべきか、新語と見るべきか。

6
ころもへんに鍋

興味深い記事を発見! 日本語の「わざはひ」はワザ(隠された神意)+ハヒ(這うように広がる)が語源で、「いましめる神意のきざし」が原義というが(『岩波古語辞典』)、古典漢語の禍は予想外の不幸や難儀の意味である。

5