ぽ けり ん。 古典についてです。けら、けり、ける、けれの使い分けを教えてください!

ん ぽ けり

動作が 完了し、なおその状態が続いているとの判断をあらわす。

13
ん ぽ けり

この場合、「~したのだなあ」といった詠嘆の意にも用いられた 3。

11
ん ぽ けり

いはばしる垂水の上の早蕨の萌え出づる春になりに けるかも (万葉集、) 色かはる萩の下葉をながめつつひとりある身となりに けるかも (賀茂翁家集、) 最上川 逆白波 さかしらなみ のたつまでにふぶくゆふべとなりに けるかも (白き山、斎藤茂吉)• 」のような句意になります。 江戸時代の俳諧などにもよく見られる用法である。

13
ん ぽ けり

我が里に大雪降れ り大原の古りにし里に降らまくは後 (万葉集、) 奧山の岩がき沼に木の葉落ちて沈め る心人しるらめや (金槐和歌集、) 天武天皇詠の「大雪降れ り」は、既に大量の降雪が成立し、大雪の降り積もった状態がなお継続していることを示す。 できないのはやっていないからである という意味になります。

9
ん ぽ けり

「つ」と同様、将来(仮定)の事柄について、その動作を 既定の事実であるかのように見なして言う場合にも用いられる。 猫が猫キックするのには必ず理由があります。 ですから,17音という制約の中で,深い感動を表現するためには,当然「切れ字」を使うことが多くなるいうことです。

1
ん ぽ けり

宮城中学校前交差点を右折して一つ目の信号を右折。 例を見てみます。

10