進撃の巨人 123話 漫画。 【進撃の巨人】113話のネタバレ【リヴァイ無双でジークが雷槍で拘束される展開に】|サブかる

123話 漫画 進撃の巨人

エルディア帝国全盛期はユミルの民の血を持つことが高貴とされていたが、帝国の衰退ともにその逆のことが起きたと言います。 普段は強い女性の代表であるミカサ。

12
123話 漫画 進撃の巨人

少年を抱えて大人達から逃げたリヴァイ達ですが、逃げているどさくさに少年はリヴァイの財布を盗んで行ってしまいます。 」 これはおそらく、エレンが何か違うことを考えていることに対しての、ミカサの回想なのでしょう。 さらにキヨミは、自分達は和平への協力を惜しまないが、それがどれほど実現可能と見込んでいるのか聞きます。

5
123話 漫画 進撃の巨人

ロッド・レイスは、ヒストリアに代々受け継がれてきた王族の力を引き継がせて、巨人化させたいと思っており、王族の驚異となるエレンの力をなんとかしてしまいたいわけです。

4
123話 漫画 進撃の巨人

更にフリッツの名の下でマーレを滅ぼせと命令され褒美として王の子を授かります。 ましてや、仮にそうだと考察してもエルヴィンたちは無事五体満足で生還できるはずがない。

20
123話 漫画 進撃の巨人

クは自分の理想を叶える力を手に入れたのに、わざわざエレンに自分の父親の本性を分からせようとしているのか? ナンセンスだろ. 122話で巨人化したエレンは、今までのような進撃の巨人の姿ではない。 調査兵団がマーレに潜入捜査を行なったのは、イェレナ達の接触の後、そしてマーレ襲撃の約1年前です そしてその潜入捜査の際に開催された国際討論会に出席し、そこでユミルの民保護団体の島の悪魔は憎むべき存在だけど、各国に散ったユミルの民は難民でしかなく、かつ被害者、保護すべきだ!との演説聞いたあと、討論会の途中でエレンが姿を消しました。 まさか巨人を作り出すことができた存在ですら王家の奴隷だったとは驚いたよ。

123話 漫画 進撃の巨人

血液検査の技術が向上し、ユミルの民の存在が発覚するケースが問題となっているとキヨミ様から説明があります。

11
123話 漫画 進撃の巨人

そして、エレンの起床後の「 なんかすっげー長い夢を見ていた気がするんだけど…何だったっけ思い出せないな」と発言済み。

8