シドニー ポワチエ。 シドニー・ポワチエ 一発大逆転 : 作品情報

ポワチエ シドニー

そうした紆余曲折を経て、マリア院長の望んだ教会堂は奇跡的に完成する。 また、2009年にはを受章した。

ポワチエ シドニー

ポワチエの演じる「黒人」像とは、あくまで白人が望む「素直でおとなしく、礼儀正しい黒人」だった。

6
ポワチエ シドニー

予定日より2ヶ月も 早く生まれた未熟児を育てるため、父親がタクシー運転手となって同地に3ヶ月間滞在した後、バハマへ戻った。 1985• 出演はポワチエの他に、ビル・コスビー、オシー・デービス、カルヴィン・ロックハート、ジョン・エイモス、デニス・ニコラス、リー・チェンバリン、メル・スチュアート、ジュリアス・ハリスなど。 マリア院長と4人の修道女たちは、各方面に手紙を出し、寄付金を募り、地元の建設会社に資材の提供を頼み込む。

14
ポワチエ シドニー

バハマのキャット島で農業を営んでいた両親が、トマトなどを売りにマイアミへ行っている時に母親が産気づいた。

3
ポワチエ シドニー

1950年代からのの高まりの中、「白人にとって理想的な黒人」を演じ続けたポワチエだが、1965年、ついにによって、今まで白人から暴力を受け続けてきた黒人が、白人に対して暴力をふるう時代がやってきた。 1997• 『Toms, Coons, Mulattoes, Mammies and Bucks: An Interpretative History of Blacks in Films』(著、Viking Press 1973年)• 映画の序盤で、賃金の支払いを求めるホーマーにマリア院長が、新約聖書のこの箇所を引き合いに出し、支払いを渋るシーンがある。

5
ポワチエ シドニー

。 ・2002年、アカデミー賞の名誉賞を受賞。 公民権運動がの制定という形で一段落を見せると、ハリウッドの白人資本は、白人映画の脇役扱いしかされない黒人スターに不満を持っていた黒人観客向けに「」を濫作するようになった。