小滝 ちひろ 編集 委員。 編集委員

委員 編集 小滝 ちひろ

3月13日、朝日新聞編集委員という大幹部の小滝ちひろ氏はとんでもない投稿を行った。 「ここ福島でオリンピックが開かれます。 (編集委員室長、現:論説委員長)• 同社広報部がツイッターで発表した見解は以下の通り。

7
委員 編集 小滝 ちひろ

同社広報のツイッターアカウントを通じて「報道姿勢と相いれない行為」などと説明した。 この三浦氏、先日には「ついでにフリーも質問させてやれよ」とフリー記者に対する差別意識を丸出しにした投稿を無自覚に行い批判を浴びた。

8
委員 編集 小滝 ちひろ

本社は、報道姿勢と相容れない行為だったと重く受け止め、専門的な情報発信を担う「ソーシャルメディア記者」を取り消しました。 内容は 『世界中を圧巻し、戦争でもないのに超大国の大統領が恐れる』『新コロナウイルスは、ある意味で痛快な存在かもしれない』 と誰もがみれるツイッターで発言しました。 朝日新聞社は14日、編集委員が新型コロナウイルスについて「ある意味で痛快な存在かもしれない」などと投稿したとして、ツイッター上で謝罪した。

12
委員 編集 小滝 ちひろ

しかしながら今回の発言は多くの人たちを不快にし、怒りを感じさせ、猛烈バッシングを受ける結果を招いてしまった。 聯合ニュースのツイッターアカウントにも、 「日本の『キレギ』には脳はないのか。 本人が説明やおわびなしにアカウントを削除したことも不適切でした。

4
委員 編集 小滝 ちひろ

朝日新聞記者の小滝ちひろ編集委員が13日、ツイッターに不適切な投稿をしました。 足立則夫(現:フリージャーナリスト、 非常勤講師)• (特別編集委員)• 当然ながら一番困っているのは社会的な弱者なのだが… レトリックだとしても稚拙に過ぎるだろう」 「5000人近くの方が亡くなられているというのに『痛快な存在』って…」 「罹患した方や関係者、経済的損害を被っている事業者と消費者に対して、身内でも今まさにその取材に駆けまわっている若い記者にもそれを言えるのだろうか」 今回の小滝氏の言動について、全国紙記者は語る。

14
委員 編集 小滝 ちひろ

アカウント上で「ツイッターでの投稿内容は私個人の意見です。 html という朝日新聞デジタルの記事にリンクを貼りツイートを行った。 また、どんなツイッター発言で炎上になってしまったのか?実際のツイッター発言の紹介もしました。

13
委員 編集 小滝 ちひろ

。 朝日新聞のTwitterでの暴走がついに国際問題になり、韓国政府にまで利用されかねない事態になっている。 安井孝之• 小滝ちひろ氏のツイッター発言はどんなものだったのでしょうか? 炎上した小滝ちひろ氏のツイッターの内容はこちらです。

9
委員 編集 小滝 ちひろ

そしてこの怒号。 復活を祝う人々を撮影し、全面的に押し出している。 広報は「『痛快』という表現は著しく不適切で、感染した方をはじめ多くの皆さまに不快な思いをさせた」と謝罪した。

8