車 警告 ランプ。 車の警告ランプ。オイル・水・ブレーキ・バッテリー警告灯の対処方法

ランプ 車 警告

ただちに安全な場所で停止。 この警告灯が点灯していると、システムが一時的に使用できません。

1
ランプ 車 警告

どこか一部分に異常があると、「異常発生のために走行不能」と判断することがあります。 エンジンにまつわる警告灯には「オイルランプ(油圧警告灯)」というものもあり、これは赤色で表示され、直ちに停車する必要があります。

ランプ 車 警告

これは EPC警告灯です。

13
ランプ 車 警告

また、オルターネーターのベルトが切れている場合などもありますので、ベルト類を確認してください。 それが原因で、オイルランプが点灯することも多いです。 エンジンオイルが手元にある場合には自分で充填できますが、念のためディーラーや修理業者に見て貰いましょう。

3
ランプ 車 警告

オイルが燃えるため、排気が白い煙りになるのが特徴です。

18
ランプ 車 警告

ガソリン警告灯が点灯または点滅しても問題なし 高速道路のサービスエリアの距離を基準にしている? 車のガソリン警告灯が点灯しても、十分に落ち着いてガソリンスタンドを探すだけの余力はあります。 火気のない場所でエンジンを切り、燃料タンク付近を調べてください。

15
ランプ 車 警告

エンジン警告灯が光った時に真っ先に疑うのがこのO2センサーで、故障によって車が動かなくなるといった事はありませんが、走行に適切な酸素濃度が保てなくなるので燃費が落ちてしまうでしょう。 バッテリー液は、バッテリーを軽く揺らして見ると、見やすいです。 点灯する条件は、電圧が下がっている時です。

11
ランプ 車 警告

他にはオイルポンプが摩耗して エンジンオイルが漏れている際も油圧が下がります。