デレステ 修羅場 ss。 繝、繝ウ繝�Ξ ss 菫ョ鄒�エ

Ss デレステ 修羅場

そこの悪魔に殺される」 ちひろ「あ?」 P「…悪魔に失礼だった。

12
Ss デレステ 修羅場

原作以上にフラグ建築能力が高いのですが、それをものともしない圧倒的ヒロイン力のしぶ凛が可愛すぎて死にそうです。 アーニャのSS・二次小説作品を探そうと決意した。

12
Ss デレステ 修羅場

上司から言われたのがほんの数日前ですし」 ちひろ「この事は出来るだけ秘密にした方がいいかと…」 P「んあー、確かにそうですね。 兎に角だ、凛。

3
Ss デレステ 修羅場

70 :OtBfLvo40 P「そんな事よりも奈緒!聞いてくれよ!」 奈緒「な、なんだ?!ちょっと近いって!」 P「実はな、俺!」 奈緒「俺…?」 P「っあー、そうだ、秘密にしなきゃいけないんだわ」 P「ごめんな、奈緒。 大本営より 提督 なんだ!?この指令書は!まるで艦娘に対するセクハラの許可がおりた内容じゃないか! 提督 しかし、待てこれは罠かもしれない、このような指令書をおくりセクハラするかどうか確かめてるかもしれない。 もう著作権とか面倒だから金にものを言わせて作らせたいレベルです。

Ss デレステ 修羅場

アーニャのホームシック回で萌え死んだ。 そんな事より、まだその事をアイドル達には言ってないんですよね?」 P「えぇ、まあ。 Contents• みんなプロデューサーさんのこと大好きなんですから」 ちひろ「きっとわんわん大泣きするでしょうね………下手したら自殺するような娘が出るかも」 P「いやいや、それは盛り過ぎでしょう。

11
Ss デレステ 修羅場

いりますかね?」 ちひろ「それはいらないですね」 ちひろ「だってプロデューサーさんは赴任先での肩書きは、プロデューサーではなくスカウトマンになるのですから」 P「……そうですよね。 44 :OtBfLvo40 ちひろ「凛ちゃんにとって一番ショックな事なんですね…」 P「んふんふー、お見合い楽しみだー」 ちひろ「なんでプロデューサーさんはそんなに…」 P「いやまぁ結婚って全人類の夢ですし、こうなるのも仕方の無い事だと思うんですよ。 今日は良い天気ですねー?…それじゃ会話続かないよな」 P「まぁ似たような職場に勤めてるわけだし、なんとかなるだろ」 P「こんなことならもっ765プロのプロデューサーと会話しておけばよかったかなぁ」 P「すーはー、落ち着け俺。

18
Ss デレステ 修羅場

触って確かめてみる?」 P「落ち着け凛。 すいません、許して下さい! なんでも島村ですから!! 駄文失礼しましたぁぁぁぁぁぁ!!!! と言いたいところですが 転勤免れて嬉しいので、もうちょっとだけ続くのじゃ。