煉獄杏寿郎 名言。 胸を張って生きろ。己の弱さや不甲斐なさにどれだけ打ちのめされようと心を燃やせ。『鬼滅の刃“無限列車編“』煉獄杏寿郎の名言

名言 煉獄杏寿郎

炭治郎と禰豆子の処遇を巡る柱合裁判では、問答無用で「鬼もろとも斬首する!」と断言していた煉獄さんが、最後は2人のことを認めてくれました。 猗窩座に急所を突かれもはや絶体絶命の杏寿郎。 どこか捉えどころがない (鬼滅の刃8巻 吾峠呼世晴/集英社) 結論から書くと、煉獄杏寿郎の父親は対象的に非常にクソ野郎だった。

4
名言 煉獄杏寿郎

汽車では牛鍋弁当を食べていました。

4
名言 煉獄杏寿郎

inがあるかないの違いで意味が全然違うものになります。 が、この7年間で得た経験や知識、仲間へのサポート実績には自信を持っています。

12
名言 煉獄杏寿郎

ちなみに、より好物を食べる時には「うまい!」の上位互換である「わっしょい!」が口癖となります。 この一言から、家族が大好きだったこともよくわかります。

12
名言 煉獄杏寿郎

自分の意見に固執せず、 常に正しいものに寄り添おうとするのも煉獄の魅力的な部分ね。

3
名言 煉獄杏寿郎

炭治郎たちが「柱」となる日のために 先輩であるからこそ、若い後輩を守り、後の守り手として生かしていく。 8%(1696票)。 人を喰い殺せば取り返しがつかない!! 殺された人は戻らない!!• 」 「俺はいかなる理由があろうとも鬼にならない」 「肉体」としての強さを追い求め続ける猗窩座と、肉体だけではない「精神」面の強さを重視する煉獄杏寿郎との価値観の違いを感じられるシーンです。

名言 煉獄杏寿郎

さらに強くなれる!と言わんばかりの猗窩座。

1