約束 の ネバーランド 164。 【約束のネバーランド】164話ネタバレ確定感想&考察、ヒステリック・ラートリー![→165話]

の ネバーランド 164 約束

たとえそれが子供でも… 騒動が起こってすぐにムジカから血を分けてもらった子供の鬼2人は中央広場で市民兵に保護されていたが、新政府の兵に見つかってしまい邪血ではないかと疑われてしまう。

3
の ネバーランド 164 約束

」 ピーターは 両膝を折って前かがみにになり 両手を頬に当てて ナットを見つめる。

14
の ネバーランド 164 約束

U-NEXTでは 31日間の無料体験サービスを提供していて、登録後すぐに 600円分のポイントが貰えます。 ピーターラートリーは、少々常軌を逸したような視線で、ほほ笑んでいる。 もう嘘はなしだ。

の ネバーランド 164 約束

そもそも、人間であるピーターは大僧正様の存在すら知らないのかもしれません。

19
の ネバーランド 164 約束

だからこそムジカのような力を持つ鬼が誕生し、神は我々に生きる道を残されるのだと告げました。 知ったことを余さず伝えて、人間の世界に逃げれば食われる心配がなくなると聞いたら、一体どんな反応をするのだろう。

11
の ネバーランド 164 約束

「ママ…!」 警戒する子供たち。

17
の ネバーランド 164 約束

「アウラ、マウラ。 アニメ2期と実写映画の予習としてもぴったりな約ネバ1期が2020年7月からノイタミナ枠で再放送もされます。 警備していた鬼に見つかってしまうエマたち。

1
の ネバーランド 164 約束

食用児を人間と思っていないのは、さすがアンドリューの上司ですね。

16
の ネバーランド 164 約束

そして、カイウ先生のカバー折り返しの『女王陛下に踏まれ隊』のパワーワードが個人的にとても気になります。 そこへ上官がやってきて、その子供たちはまさか邪血か?と問います。

10