中国 ネズミ 生きたまま。 新型肺炎、感染源は“ゲテモノ食”か 「タケネズミ」や「アナグマ」

ネズミ 生きたまま 中国

*おおよその残酷さ順で並べました 醉虾 上海や寧波で今でも食べられているエビ料理です。 ハクビシンは果実を好んで食べるため、その肉はくせや臭いがなく食べやすいのだそうだ。

1
ネズミ 生きたまま 中国

活きた猿の頭をそこにはめ込んで、金具で強く固定します。 スポンサーリンク 中国メディアの人民日報オンラインが、世界で食されている珍味10選を紹介した。

2
ネズミ 生きたまま 中国

その後鉄板を加熱します。

14
ネズミ 生きたまま 中国

この時点ではまだ半分活きたままの鶏は、風に吹かれてグーグー唸っています。

20
ネズミ 生きたまま 中国

だが理性云々を抜きにそれをやろうとはしない。

ネズミ 生きたまま 中国

近年多くの地域で タケネズミの養殖がなされていて、 食べる人も多いと言われています。 野生動物の販売には衛生局の許可がいるにもかかわらず、 無許可で高額販売する闇業者もいるといいます。

9
ネズミ 生きたまま 中国

生活用物資は共同購入で配送されることになり、市民生活はさらに苦しくなると思われます。 中国の食文化のせいでSARSが蔓延 2002年に流行したSARSはハクビシンが原因だった。

14