故 き を 温 ね て 新しき を 知る。 故きを温ね新しきを知る。|音邑音音 (おとむら ねおん)otomura neon|note

き を て 新しき 知る ね 故 を 温

なにごとにつけても、過去をたどり、それを十分に消化したうえでなければ、未来の展望を見極めることはできない。 当サイトのリンクを設置した紹介記事等を除き、画像を含むコンテンツの無断転載はご遠慮くださいますよう宜しくお願い致します。

き を て 新しき 知る ね 故 を 温

過去の事例から新しいことを知る、というのは単にその当事者が無知故に知らなかったことを「へえ~知らなかった!新しいことを知ったな」と言っているに過ぎないですよね。

16
き を て 新しき 知る ね 故 を 温

。 引用部分では、「たとえ表面上は過去のことにこだわっているようでも、それは『温故知新』で、過去を尋ねて未来の材料にしているのだ」と言っています。 kanji to hiragana and hiragana to romaji. 「故きを温ねて新しきを知る」ということは、先人の知恵に学ぶことを意味しています。

19
き を て 新しき 知る ね 故 を 温

研修に行って良い話を聞いたという人のどれだけが、実際に自分の生活にその妙味を取り入れ、工夫して活かしているでしょうか。 岩波文庫『論語』では「あたためて」を採用しており、漢和辞典も「たずねて」「あたためて」を併記しています。

16
き を て 新しき 知る ね 故 を 温

1月23日、論語一日一話(孔子に学ぶ人生の知恵365)の言葉です。

6
き を て 新しき 知る ね 故 を 温

戦争体験や戦後苦労した話をいっぱい聴いてください。

6
き を て 新しき 知る ね 故 を 温

そして、生きた日本の歴史を学んでください。 日々、そういうことを学んでいると、いつの日か、自分が後輩を指導する立場になったときに、職場の同僚や後輩、知人や子供たちに人生の羅針盤を示すことができるようになります。