雛人形 出す 日。 雛人形を出す時期は?いつからいつまで飾る?嫁にいけないってなぜ?

出す 日 雛人形

長くお飾りを楽しんだりする気持ちも、大切と言えますね! 買いそびれてどうしよう……!とお嘆きの方に! 掲載商品:ぷりふあ 当店のおひな様なら、2月下旬までなら大丈夫! 雛人形をいつ買えばいいのか迷い、買いそびれてしまっている方に朗報! ぷりふあ人形 楽天市場店なら、2月の後半でもまだ間に合います。

11
出す 日 雛人形

いつの時期に買うのが安い?特売、バーゲンはある? 先ほども言ったように、職人さんの手で作られる雛人形は、数に限りがありなかなか安価に手に入ることは難しいかもしれません。 しかし、1ヵ月前から雛人形を飾るのが難しい場合は、立春ではなく 「雨水(うすい)の日」でも良いそうです。

16
出す 日 雛人形

材質にもよりますが、雛人形にとって湿気は大敵! 雨などでジメジメした日に片付けてしまうと、来年出した時にはお雛様がカビだらけ!なんていう事態にも。

19
出す 日 雛人形

しかし、どうしても飾る方角に何か意味を持たせたいというのであれば、 神棚と同じく南向きで飾るのはいかがでしょうか。 良縁を願うとき:雨水(うすい)の日(2月18日・2月19日のどちらか)• ) 雨水は2月19日ごろから啓蟄の前日にあたる3月4日ごろまでです。

出す 日 雛人形

大安:1日中、時間帯によらず終日吉の大変いいお日柄• 雛人形を片付ける日はいつが良い? 結論から言うと、 片付ける日は決まっていません。 雛人形をしまう時期は早ければ早いほど良いので、雛祭りの翌日から遅くとも2週間以内には片付けると良い。

出す 日 雛人形

そして、子供が産まれ女の子が生まれたのであれば、女の子の新しいひな人形と一緒に飾ってお祝いしても全く問題ありません。 しかし、雛人形をしまう日は「晴れた日」が良い理由は、人形にカビが生えないように!という意味もあるそうで、出す日に雨が降っていても問題ないといいます。 そんな雛人形を出すおすすめとダメな日について、紹介していきますね。

5
出す 日 雛人形

今日はそのあたりについて調べたことをお伝えしていきます。 しかし、大事な行事ですので縁起を担ぎたいのであれば、神棚と同じく南向きか東向きをおすすめします。

9