Akira コロナ。 20年前の作品がコロナ禍の今と不気味に符合… レジェンド日野日出志、トラウマ必至の怪奇漫画集/ライフ/社会総合/デイリースポーツ online

コロナ Akira

映画の中では様々な問題が多発して、国民から「オリンピック中止」の批判が上がるというシーンです。 これを受けて、五輪反対派からは、「グレーなままでまんまと逃げおおせた」「こんな黒いオリンピックは中止にすべき!」という批判が持ち上がっていたのだ。

2
コロナ Akira

この他にも、2019年11月の予知夢では、 「たくさんの2に気をつけて」という夢を見たという報告も。 4月が感染のピークらしい・・・ インドも2700人のコロナ感染者の発表、もう隠しきれなかったんだろう。 かゆ…うま… — ソーヤ? 缶詰めをため込むだけため込んでいたが缶切りを借りることができず(缶詰を取られると思っていたらしい)餓死したお婆さんの哀れさ、悲しさかもしれません。

10
コロナ Akira

現在、アメリカが開発中と噂されている「神の杖」、いわゆる「ロンギヌスの槍」という宇宙兵器がある。 なんと「AKIRA」には現在、日本のみならず世界に混乱を引き起こしている新型コロナウィルス騒動を連想させるような描写も確認できるのだ。

15
コロナ Akira

(小林洋三). これが引き金となり起こった第三次世界大戦から、世界は再建の途上にあった。 今から7年前というと2020年の東京オリンピックの開催が決定した年。 寺井さんは「子供の頃の僕自身が味わったように、あらためてたくさんの人に日野作品のトラウマを植えつけたいという思いでセレクトしました」と強調。

コロナ Akira

今回は、AKIRAオリンピック中止のあらすじがヤバい!新型ウイルスも予言していた!?をお届けします。

コロナ Akira

具体的に新型コロナウイルスの予言が書かれているのは、『百詩篇』第2巻第53節。

2
コロナ Akira

それでは、AKIRAオリンピック中止のあらすじがヤバい!新型ウイルスも予言していた!?を、最後までお読みいただきありがとうございました。 イルミナティカードの予言は的中と言っても過言ではないのではないかと思います。 窪田順生 [ノンフィクションライター] くぼた・まさき/テレビ情報番組制作、週刊誌記者、新聞記者、月刊誌編集者を経て現在はノンフィクションライターとして週刊誌や月刊誌へ寄稿する傍ら、報道対策アドバイザーとしても活動。

14