ワシントン ウィザーズ。 ワシントン・ウィザーズとは

ウィザーズ ワシントン

17
ウィザーズ ワシントン

: 2019- コーチ、その他 [編集 ] 歴代ヘッドコーチ [編集 ]• 1977-78シーズン、ディック・モッタに率いられたエルヴィン・ヘイズ、アンセルドのブレッツは44勝38敗でシーズンを終えたがそこから長い道のりであったNBAファイナルまで勝ち進み、を4-3で破りNBAチャンピオンとなった。 この事件後、チームは来季以降の再建を目指して、シーズン中にバトラー、ジェイミソンら主力を次々に放出。

ウィザーズ ワシントン

: 1992-1994• 488 1回戦敗退 3, ワシントン 1 1985—86 39 43. : 2001-2008• しかし、アリーナスがロッカールームに拳銃を無断で持ち込んだ事が発覚。

2
ウィザーズ ワシントン

高い犯罪率に悩むワシントンD. レナード・ハミルトン 2000-01• 1995年のオフシーズンにブレッツからウィザーズに名称変更するつもりであることが発表された。 :2001-2005• ドラフト指名の 53• 1993-94シーズン、ブレッツは故障に泣かされ、レックス・チャップマン、パーヴィス・エリソン、ドラフト1巡目のカルバート・チェイニーがシーズンのほとんど欠場し、24勝58敗に終わった。

ウィザーズ ワシントン

マイク・ファーマー 1966-67• 463 カンファレンス準決勝敗退 4, ボルティモア 2 1972—73 52 30. 2003-04シーズン、FAであったと契約、のアシスタントコーチであったエディ・ジョーダンがに就任したが、若い選手が多く依然として低迷から抜け出せなかった。

9
ウィザーズ ワシントン

セミファイナルの戦は、第3戦のピアースの決勝で2勝1敗と先勝したものの、その後接戦を落とし3連敗で2勝4敗で敗退した。 1968年には、殿堂入りする2選手が加入する。

4