徳川 家康 妻。 「家康の妻〜正室と側室」4コマヒストリー │ ソルバ!歴史部

妻 徳川 家康

信康は家康に対して謀反をたくらんでいたという説もあります。 これは、「勤王家」であることはもちろんのこと、将軍を1人も出せず養子ばかり押し付けられた扱いに不満を募らせた結果のことでもあるらしい。

1
妻 徳川 家康

生んだ息子は双生児! 今でいえば先妻と後妻ですね。 その数、なんと 正室・側室合わせ31人。 長久手の戦いの和睦で両者の上下関係は決まっていたものの、世間にそれを知らしめる必要があったのですね。

妻 徳川 家康

家臣には絶対服従を要求していたとされる織田信長。 のちの文禄4年(1595年)に浅井三姉妹の三女・と再婚する。 お六(おろく)• ほどなく、出産しますがかなりの難産だったため、母子ともに亡くなってしまいます。

4
妻 徳川 家康

永禄5年 1562。 兄弟げんかの果てに殺し合いとなり、曳馬城は城主どころか家老も不在となってしまったのです。 かたや当時の家康は三河の弱小勢力、しかも今川家の人質という立場の人間。

妻 徳川 家康

産んだ子供は双子でしたが、当時は「 犬畜生と同じ双子腹」と忌み嫌う風潮がありました。 由来は、家康が「『ギギ』という魚に似ている」と言ったからだとか。 彼女なんと家康とは36歳も歳が違ったのです! 家康49歳のとき、お梶の方はなんと13歳!今なら犯罪です。

6
妻 徳川 家康

茶阿局も悲しんでいたでしょうね……。 家康vsお田鶴の方 突然、城主が亡くなる。

18
妻 徳川 家康

直接的に家康が悪いわけではないですが、瀬名姫はさぞ家康のことを恨んだことでしょうね・・・。

1
妻 徳川 家康

永禄3年5月19日(1560)桶狭間の戦いで今川義元が討ち死にすると松平信康は岡崎城に入りました。

妻 徳川 家康

そう、松平家は先祖をずっと辿っていけば源氏へと繋がる由緒ある家系なのです。