埼玉 県 最低 賃金。 埼玉県の最低賃金

賃金 埼玉 県 最低

2 特定(産業別)最低賃金 特定の産業について設定されている最低賃金です。 革靴製造業• 清掃又は片付けの業務に主として従事する者. 県内の労働基準監督署一覧 名称 郵便番号 住所 電話番号 さいたま労働基準監督署 330-6014 さいたま市中央区新都心11-2 ランド・アクシス・タワー14F 048-600-4801 川口労働基準監督署 332-0015 川口市川口2-10-2 048-252-3773 熊谷労働基準監督署 360-0856 熊谷市別府5-95 048-533-3611 川越労働基準監督署 350-1118 川越市豊田本1-19-8 川越合同庁舎 049-242-0892 春日部労働基準監督署 344-8506 春日部市南3-10-13 048-735-5227 所沢労働基準監督署 359-0042 所沢市並木6-1-3 所沢合同庁舎 04-2995-2582 行田労働基準監督署 361-8504 行田市桜町2-6-14 048-556-4195 秩父労働基準監督署 368-0024 秩父市上宮地町23-24 0494-22-3725 関連する情報• 業種 改定前 令和元年12月1日発効 改定後 令和2年12月1日発効 下記の人たちには、 1 の埼玉県の地域別最低賃金が適用されます 非鉄金属製造業 非鉄金属第1次製錬・精製業、非鉄金属素形材製造業及びその他の非鉄金属製造業を除く 944円 948円• 18歳未満又は65歳以上の者• 埼玉県最低賃金の推移 平均賃金 引き上げ額 令和元年 926円 28円 平成30年度 898円 27円 平成29年度 871円 26円 平成28年度 845円 25円 平成27年度 820円 18円 平成26年度 802円 17円 平成25年度 785円 14円 平成24年度 771円 12円 平成23年度 759円 9円 平成22年度 750円 15円 平成21年度 735円 13円 平成20年度 722円 20円 平成19年度 702円 15円 平成18年度 687円 5円 平成17年度 682円 3円 平成16年度 679円 1円 平成15年度 678円 0円 平成14年度 678円 - 埼玉県の最低賃金の年間平均上がり幅は「14. 埼玉県最低賃金は、賃金の最低限度を定めるもので、年齢や雇用形態に関係なく、パートや学生アルバイトを含め、県内の事業場で働く全ての労働者に適用されます。

賃金 埼玉 県 最低

地域別と特定(産業別)の両方の最低賃金が同時に適用される労働者には、使用者は高い方の最低賃金額以上の賃金を支払わなければなりません。 (注1) 使用者は、労働者に対し、最低賃金額以上の賃金を支払わなければなりません。

12
賃金 埼玉 県 最低

)に適用されます。 1.専門家派遣・相談等支援事業:ワン・ストップ&無料の相談・支援体制を整備(全国的支援策) 生産性の向上などの経営改善に取り組む中小企業の労働条件管理などのご相談などについて、中小企業庁が実施する支援事業と連携して、ワン・ストップで対応する相談窓口を開設しています。

12
賃金 埼玉 県 最低

注2 複数の最低賃金が適用される場合は、金額の最も高いものが実質的に適用されます。 電気機械器具製造業• 雇入れ後3月未満の者であって、技能習得中の者• )を除く。 組織から探す Section concerned list• 市政情報 Municipalism information 「市政情報」 でよく見られるページ• 詳しくは、最低賃金に関する特設サイト (新しいウィンドウで開きます)をご覧ください。

7
賃金 埼玉 県 最低

) 954 輸送用機械器具製造業 (産業用運搬車両・同部分品・附属品製造業及びその他の輸送用機械器具製造業(自転車・同部分品製造業を除く。 ) (注3) 派遣労働者は、派遣先の事業場に適用される最低賃金が適用されます。 現在、埼玉県では• 発効日 非鉄金属製造業 948 1 18歳未満又は65歳以上の者 2 雇入れ後3月未満の者であって、技能習得中の者 3 手作業による包装、袋詰め、箱詰め又は運搬の業務に主として従事する者 4 清掃又は片付けの業務に主として従事する者 令和2年12月1日 電子部品・デバイス・電子回路、電気機械器具、情報通信機械器具製造業 (医療用計測器製造業(心電計製造業を除く。

賃金 埼玉 県 最低

また、でも、最低賃金制度について詳しく解説しています。 発効日 928 令和2年10月1日 【埼玉県特定 産業別 最低賃金】 業種 時間額(円) 下記の人達には、埼玉県最低賃金が適用されます。

7
賃金 埼玉 県 最低

18歳未満又は65歳以上の者• (一部の産業には、特定(産業別)最低賃金も適用されます。 2.業務改善助成金:中小企業・小規模事業者の生産性向上のための取組を支援(個別支援策) 生産性向上のための設備投資などを行い、事業場内で最も低い賃金(事業場内最低賃金)を一定額以上引き上げた中小企業・小規模事業者に対して、その設備投資などにかかった経費の一部を助成します。 なお、5業種の特定 産業別 最低賃金の時間額は令和2年12月1日以降、以下のとおり改正されます。