源泉所得税 納付書 記入例。 改元に伴う源泉所得税の納付書の記載のしかた|国税庁

記入例 源泉所得税 納付書

1)専門職業者への報酬・料金に係る源泉徴収税(第204条第1項第2号) 「個人事業者等に対して支払った報酬・料金等」が、『「所得税法第204条第1項第 2号」に規定する 専門職業者への報酬・料金等』に該当する場合には、 「 給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書」を使用して、源泉徴収税を納付します。

20
記入例 源泉所得税 納付書

なお、司法書士への報酬は基礎控除控除前の報酬総額を記載します。

13
記入例 源泉所得税 納付書

「平成」が印字された納付書の記載に当たっては、「改元に伴う源泉所得税の納付書の記載のしかた(リーフレット)」をご参照ください。 この点、WEBデザイナーに対する業務依頼が継続的でない場合には、上記の原則規定や例外規定を適用して、個別検討することが可能となりますが、 業務依頼が継続的になされている場合には、一般的に 例外規定を適用することができな場合が多く、また、「業務内容ごとに源泉徴収が必要となる業務に該当するか否か」を検討する 煩雑性を排除するために、「個人事業者であるWEBデザイナー」との 合意の下に、源泉徴収を行うことも多く行われています。

13
記入例 源泉所得税 納付書

税務署などの説明では無記入でもOKなようです。 支給額:「 源泉徴収の対象となる 報酬・料金の金額」を記載します。 例えば、毎月の給料が20日支給の場合は、1月20日~6月20日となります。

15
記入例 源泉所得税 納付書

日雇労働者に支払う交通費を、賃金として支給(賃金に含めて「交通費込み」などとしている)している場合には、非課税手当とはなりませんので、注意してください。 納付書「報酬・料金等の所得税徴収高計算書」のケースでは、区分を書き入れます。 2017年7月 府中生涯学習センター主催 「ひとり社長 再認識の税務・経理」講座を担当• 納期等の区分:「専門職業者に 報酬を支払った年月」を記載します。

記入例 源泉所得税 納付書

つまり、納付書の書き方としては、以下のようになります。

18