ジャガー ヒョウ 違い。 動物の名称

違い ジャガー ヒョウ

アメリカン・ライオンとかマウンテン・ライオンともいわれる。 身体の バランス的には頭が大きく、顎の噛む力も非常に強いのが特徴です。

16
違い ジャガー ヒョウ

小さめの輪状模様の場合、中の斑点が占める割合が大きすぎて大きな黒斑になっていることもあります。

違い ジャガー ヒョウ

ヒョウとヒヒは互いが捕食対象であり、天敵という関係のようですね。

違い ジャガー ヒョウ

ただ、どちらも同じヒョウ属なため、祖先は同じだと考えられます。

11
違い ジャガー ヒョウ

そのため、最も成功しているネコ科動物とも言われます。 ヒョウ柄を持っているネコ科の動物と言えば、ヒョウかジャガー、もしくはチーターくらいなもんです。

14
違い ジャガー ヒョウ

ジャガーの重量は56〜96 kgで、最大のものは最大160 kgです。

違い ジャガー ヒョウ

ある研究によると、数百mほど離れた場所からでも獲物を見つけられるのだとか! また、跳躍力にも優れた動物で、4m~5mほどある高さの木の枝まで垂直に跳び上がることができるといわれています。 体の模様はパッと見はヒョウ柄に似ていますが、ヒョウのようなまるい模様はなく点々のみ。 これは時速に換算すると約104kmに相当するのだとか! 一方でボツワナのサバンナでは、平均して時速54kmほどで走行するという報告例があるなど、普段から自動車並の速度で走れることが分かっています。

10
違い ジャガー ヒョウ

オスとメスは行動範囲が重複しますが、いがみ合うことなく共存し、オス同士やメス同士はマーキングによって避け合うようにしているようです。 地元警察が28日明らかにした。